Best Tracks Of 2016

oden

キュレーター、odenによる2016年の年間ベスト・トラック!

今年は高校時代からチェックさせて頂いていたSpincoasterのキュレーターになれて、本当に嬉しく思っています!
本名でやってないっていうのもあり、正直今でもあんまり実感が湧かないんですが、SNSなどで反応してくださるととても励みになります!


5. 雨のパレード / You

緩急を付けたポスト・ロック的なサウンドに、歌詞はとてもストレートで真摯な内容のこの曲は、ちょっと病みがちな時期に聴いているとすごい救われたような気持ちになりました。雨パレの楽曲はいつも優しくそっと生活に寄り添っていてくれるような気がします。


4. LILI LIMIT / Kitchen

10月にリリースされた1stフル・アルバム『a.k.a』と、その前にリリースされた『LIVING ROOM EP』にも収録されているこの楽曲。彼らの流麗なメロディ・センスと、ロマンチックなエレクトロニック・サウンドが見事に融合されたこの曲は、一度聴くとサビが頭から離れなくなります! 是非ともMVを作って欲しい一曲です!


3. Nulbarich / NEW ERA

去年くらいからずっとSuchmosに恋してるのですが、そんな私の心を次に大きく揺さぶったのは彼らでした!
10月末に渋谷のO-Nestで初めてライブを観れたのですが、ライブでもこのソウルフルかつピースフルな雰囲気が溢れていて最高に踊れました!(満員でギュウギュウだったけど!笑)


2. シャムキャッツ / すてねこ

斬新なジャケ写で驚いた新作EP『君の町にも雨はふるのかい?』からの一曲。ストーリー仕立てのMVも素晴らしいのですが、何よりもシンプルなガレージ・ロック・サウンドに、疾走感溢れるメロディ、そして「すてねこ」が人間にも置き換えられるような、温かい歌詞にも感動しました。


1. Suchmos / MINT

1st EP『The Bay』で衝撃を受けてから、未だに彼らに恋し続けています。なかでも攻撃的なシングル「Stay Tune」の次に、こんなにも優しく、そして壮大なスケールを感じさせるシングルを持ってくるなんて、そのリリースの順番も込みで痺れました!


Comment

洋楽も聴いてるのですが、いざ5 曲を選んでみたら邦楽だけになってしまいました(笑)。今年はそれだけ国内のシーンが盛り上がっていたということなのでしょうか。今年はあまりライブやイベントなどに行けず、悶々とした日々を送っていたので、来年はもっともっと現場に顔を出せるように頑張ります! ひとり暮らししたい!


番外編 マイ・ベスト

【ベスト・おでん】

お多幸 新宿店

私のマイ・ベストは、咄嗟に思いついてキュレーター名にしてしまった「おでん」を。新宿「お多幸」に先月行ったのですが、あまりの美味しさに感動してしまいました。今までコンビニのおでんでもとても美味しいと思っていた私ですが、大人の階段をひとつ上ったような気がしました(笑)。
私が行った時は残念ながら名物?のお豆腐が終わってしまっていたので、早々にリベンジしたいと思います!


Spotify プレイリスト

oden

Curator

oden

ついにモラトリアムを卒業してしまった社会人一年目な神奈川県民(not YOKOHAMA)。音楽は浅く広く、邦楽も洋楽も色々聴きます。おでんとビールが好き。