Best Tracks Of 2015

deidaku

キュレーター、deidakuによる2015年ベスト・トラック!

5. 水曜日のカンパネラ / メデューサ


(過去記事:水曜日のカンパネラ / ナポレオン)

地上波TV番組やCM、数多くのフェス出演と今やひっぱりだこで、まさに今年を代表する「顔」となった彼女たち。こんなキャッチーなサビ、世の中に存在するんですね。


4. D.A.N. / Now It’s Dark

The xxばりの音の引き算とOGRE YOU ASSHOLEばりの音響へのこだわりにより、非常に高い完成度を見せたデビューEPからの一曲。静謐なイントロから堰を切ったようにファンキーかつダンサブルに展開する後半が圧巻。


3. Purity Ring / Sea Castle


(過去記事:Purity Ring / Push PullPurity Ring / Begin Again)

全体的にダークでミステリアス、そしてトランス風のシンセ音がガツンと入る部分が鳥肌もの。この「静」と「動」のコントラストが最高です。


2. Beach House / Elegy to the Void

2015年、2枚のアルバムをリリースしたBeach House。その中でもベスト・トラックは、穏やかなシンセとVictoriaの歌から始まって徐々に熱を帯びていき、中盤からのAlexによるマイブラ風ギターが印象的なこの曲。


1. Youth Lagoon / Highway Patrol Stun Gun


(過去記事:Youth Lagoon / Worms)

鬱っぽかったりドラッギーだったりしたこれまでのイメージから脱却してかなりシンプルに「うた」と「メロディー」を追求した曲。ピアノのリフと無機質な反復ビートに導かれ、繊細でありつつもこれまで以上に瑞々しいTrevor Powersの歌声が冴えわたります。


Comment

日本におけるサブスクリプション型音楽サービス時代の幕開けとも言える2015年。今年もいろいろな新しいアーティストと出会うことができ、個人的にも(そして世間一般的にも)豊作の年だったのではないかと思います。そんな中でも特に印象強かったのは新人ではなく、元々大好きだったアーティストたちの新曲群。ベストトラック上位の3組以外にもColdplayやEditors、!!!、ベルセバ、果てはNew Orderのような大御所までもが、最も大切な部分はブレることなくこれまでとは異なるアプローチでフレッシュな作品を届けてくれました。また、フジロックのルーキーステージで一目惚れ+即買いしてしまったD.A.N.は2016年に出るかもしれないアルバムにも期待したいです。


Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。