SPIN.DISCOVERY Vol.07 出演アーティスト

4. chelmico

遂にRIP SLYMEとレーベル・メイトになるchelmico。邁進を続ける彼女らの、メジャー・デビュー直前のライブをお見逃しなく!

オープニング・アクトにeillの出演も決定し、ますます期待が高まる“SPIN.DISCOVERY Vol.07”。

本イベントは、Spincoasterが「今、観るべきアーティスト」に焦点を当て、不定期開催されてきたイベント。その第7回目は、6月10日(日)に表参道WALL & WALLにて開催。ヒップホップに特化した前回から一転、今回は“女性ボーカル・アクト”にフィーチャーすることに。

その出演者紹介も本日で4組目。今回はMC RACHELとMC MAMIKOからなる2人組ヒップホップ・ユニット、chelmicoをご紹介。

Spincoasterでは度々紹介させてもらってきたのに加え、2016年に1stアルバム『chelmico』をリリースした際にはインタビューも敢行していますが、ここでは改めて現在までの彼女らの足取りを早足で振り返りることにします。

結成のキッカケは2014年のシブカル祭での企画の一環。元々友達だったというラッパーのGOMESS、そしてGOMESSと繋がっていたヒイラギペイジ(Lolica Tonica)らが協力する形で、いくつかのライブへの出演、そしてSoundCloudなどへの楽曲UPをスタート。

個人的には2015年9月に開催された“白ギャル祭り”というイベントで彼女らの存在を知ったのですが、先述のインタビューでも語っている通り、パブリック娘。やENJOY MUSIC CLUBなどが出演したこのイベント辺りから、chelmicoの活動も大きく動き出すことに。

パブリック娘。の斎藤辰也を通じ、現在彼女らのバックDJを務める%CことToshiki Hayashiや、トラックを多数手がける〈Pistachio Studio〉のryo takahashi、そしてライブでも頻繁に共演するJABBA DA FOOTBALL CLUBとも繋がっていったのだとか。

ちなみに、パブリック娘。の斎藤辰也は彼女らの「Night Camel feat. FBI」(1stアルバム『chelmico』収録曲)にて、FBI名義で客演しています。

また、2016年夏には〈TREKKIE TRAX〉よりフリーEP『Love Is Over』がリリース。〈Maltine Records〉界隈で高いプロップスを誇る三毛猫ホームレスがプロデュースを手がけたタイトル・トラックは、〈TREKKIE TRAX〉のリリースの幅を広げただけでなく、先述のLolica TonicaやSoleil Soleil、Tomgggなど、様々なDJ、プロデューサーたちによってリミックスが制作され、いくつものフロアを大団円へと導くアンセムと化しました。

ちなみに、ギターのカッティングはなんと昨年メジャー・デビューを果たしたスカートの澤部渡によるもの。もちろん今でもライブでは鉄板の1曲となっています。

その後様々なイベントへと引っ張りダコになったchelmicoですが、同時にMC MAMIKOこと鈴木真海子は2017年にソロ作『Deep green』も発表。盟友Toshiki Hayashi(%C)による「Blue」や「Contact TOSHIKI HAYASHI (%C) remix」などではchelmicoよりもしっとりと落ち着いた、メロウなラップを展開しています。

この辺りからガッツリとluteと組み、さらに露出が増えていったchelmico。同年9月には新作となる『EP』をリリースします。リード曲として公開されたryo takahashiプロデュースの「Highlight」、三毛猫ホームレス・プロデュースの「ずるいね」など、明らかにふたりのミュージシャンシップの大きな向上も感じさせる傑作となりました。

先月には「OK, Cheers!」(Prod.ESME MORI)、「BANANA」(Prod.三毛猫ホームレス)の新曲を同時配信し、2度目のワンマン“とにかくパーティー2018”を渋谷 SOUND MUSEUM VISIONにて開催。チケットは販売開始からわずか1ヶ月でソールドするなど、その右肩上がりの注目度と勢いを感じさせてくれたほか、なんとワーナーミュージック・ジャパン内の〈unBORDE〉より、8月8日にニュー・アルバム『POWER』を引っさげメジャー・デビューを果たすことも発表。憧れのRIP SLYMEと遂にレーベル・メイトとなることになることに。この速度感、そして次々と大きな階段を踏みしめていく様は、客観的にみても非常に痛快です。

まさしく今、最も勢いに乗っているラップ・ユニットと言っても過言ではないchelmico。ふたりのメジャー・デビュー直前のライブをぜひ、“SPIN.DISCOVERY”で体感してほしいです。ニュー・アルバムのリリースも控えていることで、もしかしたら新曲の披露もあるかもしれませんよ……!

ちなみに、インタビューで「コントをやりたい」と言っていたchelmicoのふたりですが、こちらの夢も早々に実現しています。素晴らしい。

Text by Takazumi Hosaka


【イベント情報】


Spincoaster Presents “SPIN.DISCOVERY vol.07”
日時:2018年6月10日(日)
OPEN 17:00 / START 17:30
会場:表参道 WALL&WALL
料金:
前売り ¥2,900 Peatix | e+ イープラス / 当日 ¥3,400(+各1D)

出演:
AAAMYYY
chelmico
MALIYA
ものんくる

[Opening Act]
eill

■イベント公式サイト:http://discovery.spincoaster.com/

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。

RANKING