サウス・ロンドン発の新鋭、Goat Girlがデビュー・アルバムを4月にリリース

サウス・ロンドンを拠点にかねてより注目を集めていた新鋭ガールズ・バンド、Goat Girl(ゴート・ガール)が待望のデビュー・アルバム『Goat Girl』を4月6日(金)に世界同時リリースする。

本作リリースの発表に合わせて、新曲「The Man」がMVが公開された。

Goat GirlはClottie Cream、Rosy Bones、Naima Jelly、L.E.Dの4人で構成された現在20〜21歳のガールズ・バンド。セルフ・タイトルのデビュー作となる本作は、プロデューサーにFranz FerdinandやThe Kills、Bat For Lashesを手がけるDan Careyを迎え、最近ではLAのStarcrawlerを輩出したことも記憶に新しい〈Rough Trade〉からのリリースとなり、昨年10月に公開され話題となった「Cracker Drool」も含めた全19曲が収録される。

国内盤CDには3曲のボーナス・トラックが収録され、歌詞対訳と解説書が封入。iTunesでアルバムを予約すると、公開中の「The Man」「Cracker Drool」の2曲がいち早くダウンロードできる。


Photo by Hollie Whitaker


【Goat Girl コメント】

簡潔に言うと、このアルバムはロンドンで育ったことや、私たちが直接体験した都市の退化が背景になっている。私の目を通して見たロンドンという場所だけではなく、ロンドンで起こっている、異常や奇妙な出来事を気にせずにいられない人という立場からアルバムを作りたかった。その方が、人間なら誰しも感じることのある、語られない真実や感情を、歌詞や音楽を通してもっと自由に探求できると思ったの。


【リリース情報】

Goat Girl 『Goat Girl』
Release Date:2018.04.06 (Fri.)
Label:Rough Trade / Beat Records
Cat.No.:RTRADCDJP884
Price:¥2,000 + Tax
Tracklist:
01. Salty Sounds
02. Burn The Stake
03. Creep
04. Viper Fish
05. A Swamp Dog’s Tale
06. Cracker Drool
07. Slowly Reclines
08. The Man With No Heart Or Brain
09. Moonlit Monkey
10. The Man
11. Lay Down
12. I Don’t Care Part 1
13. Hank’s Theme
14. I Don’t Care Part 2
15. Throw Me A Bone
16. Dance Of Dirty Leftovers
17. Little Liar
18. Country Sleaze
19. Tomorrow
*Bonus Tracks for Japan
20. Scream
21. Topless Tit
22. Banana (instrumental)

※国内盤特典:ボーナストラック3曲追加収録 / 解説・歌詞対訳付き

■商品ページ:https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=9376