Sleep On It

Window

Sleep On It / Window
シカゴ出身のニューカマーが待望のデビュー・アルバムより新MVを公開! 肌寒くなるこれからの季節にピッタリなポップ・パンク・ソング

US・シカゴ出身のポップ・パンク・バンド、Sleep On Itが11月3日(金)にリリースするデビュー・アルバム『Overexposed』より、「Window」のMVを公開しました。

「ネクスト The Wonder Years」との呼び声高い彼らが、待望のデビュー・アルバムからドロップした本楽曲は、イントロのアルペジオ・ギターから90’sエモ・リバイバルからの影響を強く感じる、モダンなポップ・パンク・ソング。
ソリッドなディストーション・ギターと繊細なアルペジオ・フレーズを上手く使い分けるセンスや、随所に繰り出す切なさ満点のコーラス・ワークからはシカゴの同胞、Knuckle Puckを思わせますが、決して彼らの後追いとは言わせないほどのグッド・メロディーに仕上げています。

なお、〈Equal Vision Records〉よりリリースされる同作には、USポップ・パンク・シーンを牽引するState Champsのボーカル・Derekがゲスト・ボーカルとして参加した楽曲も収録され、こちらも注目を集めそうです。

こちらは先行して公開されていた「Distant」のMV。

近年のパンク・シーンでは、爽快でメロディーが強いポップ・パンク・サウンドに90sエモが持つ青臭さと爆発的なバンド・サウンドを上手く取り入れたスタイルが目立ちますが、その中でも今後台風の目になりそうな彼ら。楽曲の完成度の高さからも、現行ポップ・パンク・シーンのトップランナーになる日もそう遠くはないと言えるでしょう。


【リリース情報】

Sleep On It 『Overexposed』
Release Date:2017.11.03 (Fri.)
Label:Equal Vision Records
Tracklist:
1. A New Way Home
2. Window
3. Distant
4. Hope
5. Always Crashing The Same Car
6. Photobooth
7. What We Stay Alive For
8. Fireworks ft. Derek DiScanio (State Champs)
9. Leave The Light On
10. A Brighter Shade Of Blue
11. Overexposed
12. Autumn (I Wish I Was Better)

■Pre Order:http://sleeponit.merchnow.com/

Yuya Tamura

Curator

Yuya Tamura

I'm punk nerd. ポップ・パンク、ハードコア、エモが主戦場。 Webの仕事をしていますが音楽はアナログ派、現場主義です。