水曜日のカンパネラ、初の劇伴作品となる『猫は抱くもの』サントラ配信リリース決定

水曜日のカンパネラが、初めて劇伴を担当した映画『猫は抱くもの』のオリジナル・サウンドトラックを映画公開前日の6月22日(金)にデジタル・リリースすることが発表された。

映画『猫は抱くもの』は6月23日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となる作品で、沢尻エリカが『ヘルタースケルター』(2012年)以来6年ぶりに主演を務めることでも注目を集めている作品。今作でコムアイは猫のキイロを擬人化した姿で演じ、映画初出演を果たしており、さらに、水曜日のカンパネラとしては初となる劇伴も担当している。


今回の劇伴は、水曜日のカンパネラのライブPAも手がけるzAkが音楽監督としても参加しており、ケンモチヒデフミ作曲による楽曲の他にも、コムアイの声で劇中の“効果音”を作るなど、映画を引き立たせるバラエティに富んだサウンドトラックとなっている。中でも「キイロのうた」と「マヨイガのうた」はコムアイが作詞を手がけた楽曲で、映画の世界観をさらに広げる役割を担っている。

なお、「キイロのうた」は6月27日(水)にリリースされる水曜日のカンパネラの新作EP『ガラパゴス』にも収録されるが、「マヨイガのうた」はこのサウンドトラックでしか聴けない楽曲となっている。



■コムアイ コメント

◇劇伴について
登場人物と観客が、それぞれの固執しているものをそっと手放せるように、と思って書きました。
実際に作ってみて、音でこれからどうなるかを気付かれないよう、調整していくのが面白かった。

◇劇伴を受けたことについては
出演が先に決まっていて、劇伴はあとで監督が言ってくれたんです。
実は「映画の音楽を書きたいな」って一年くらい前からずっと思っていたので、
自分の成長につながる企画だと 感じました。

◇「キイロの歌」について
大切な人や、大切な何かと別れなければならない時、
上手く手放すためには、どうしたらいいのだろう・・・と考えながら歌詞を書きました。
人と人が出逢う事を、惑星の軌道になぞらえ、軌道が一度重なったという事は、
きっと近い距離にいるはずだから、またいつか、どこかで出逢えるかもしれない・・・という思いを歌詞に込めました。


【映画情報】

『猫は抱くもの』
公開日時:2018年6月23日(土)全国公開
監督:犬童一心(『グーグーだって猫である』、『ジョゼと虎と魚たち』)
脚本:高田亮(『そこのみにて光輝く』、『オーバーフェンス』)
原作:『猫は抱くもの』(大山淳子著・キノブックス刊)
出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)/岩松了
制作:ADKアーツ
企画・配給:キノフィルムズ
c2018 『猫は抱くもの』製作委員会

[STORY]
主人公の沙織(沢尻エリカ)は、とある地方都市のスーパーマーケットで働くアラサ―女性。かつてはアイドルグループ「サニーズ」のメンバーとして芸能界で活動していたが、歌手としては芽が出ず、すべてに嫌気が差して都会から逃げてきた。今の自分を好きになれず、周囲ともうまく馴染めない彼女にとって、心を許せる唯一の存在は、ペットショップで売れ残っていたロシアンブルーのオス猫「良男」(吉沢亮)。嬉しかったこと、哀しかったこと、腹が立ったこと…。すべてを受け止めてくれる「良男」に向かって、沙織は日々、正直な気持ちを語りかける。そして「良男」は、いつしか自分を人間だと信じ込み、恋人として沙織を守らねばと思い始める。そうやって過ごしてきた、こじらせた1人と1匹の日常にも、変化が訪れて…。

■『猫は抱くもの』オフィシャル・サイト:nekodaku.jp


【リリース情報】

水曜日のカンパネラ 『猫は抱くもの(オリジナルサウンドトラック)』
Release Date:2018.06.22 (Fri.)
Price:¥2,000 + Tax
Tracklist:
1. メインテーマ
2. ねこすて橋
3. 日常
4. 沙織の妄想
5. 本当にあった!
6. 僕が守らなきゃ
7. 僕は人間だよ
8. 沙織との出会い
9. あなたは猫です
10. 過去のトラウマ
11. お前たちは自由だ
12. キイロのうた
13. ごめんね
14. 沙織と良男
15. マヨイガのうた


【イベント情報】

“水曜日のカンパネラ・円形劇場公演”
日時:2018年6月30日(土)、7月1日(日) 開場 17:00 / 開演 18:00
会場:河口湖ステラシアター 野外音楽堂

※雨天決行・荒天中止

■水曜日のカンパネラ オフィシャル・サイト:http://www.wed-camp.com/

RANKING