木村工業株式会社のコンセプト・ムービーにthe engy「Say it」起用 「産業廃棄物業界のイメージを刷新したい」

廃棄物処理事業などの環境ソリューション・ビジネスを展開するキズナックスグループの木村工業株式会社が設立50周年を記念し、企業コンセプト・ムービー「SpinTheWorld」を制作。本日2月5日(火)より専用WEBページ、およびYoutubeにて公開された。

本動画は、世界トップ・レベルのフリースタイル・バスケのパフォーマーが、地球のデザイン・ボールを指一本で回し続ける凄技パフォーマンスを次々と披露しながら、環境ソリューションの意義を伝える、見応え充分のムービーとなっている。パフォーマーは皆関西出身で、NBAでのパフォーマンス経験者、SPINの日本大会優勝経験者など、世界トップレベルの実力者。BGMには関西出身のバンド、the engyの「Say it」を使用。20代前半の若いパフォーマーとプレイヤーのコラボレーションとなっている。

撮影場所は木村工業の実際のリサイクル工場で行われ、背景には廃棄物処理やリサイクルに使われる機械や重機、地元地域では有名なアニマル柄のゴミ収集車(アニマルパッカー)が映り込んでいる。今回の動画制作のキッカケは、社長をはじめとした社員の「50周年を機に、産業廃棄物業界の泥臭いイメージを刷新し、若々しくエネルギッシュなイメージに変えたい」「地域に貢献したいと願う、意欲ある若い人材に興味を持ってもらいたい」「廃棄物処理業は、世界を回していくために必要不可欠な、とてもやりがいのある仕事であることを伝えたい」という想いから、「SpinTheWorld / 世界を美しく回そう」というコンセプトで制作することに至ったという。


【木村工業株式会社 代表取締役 木村鐘一のコメント】

阪神淡路大震災でがれきなどの廃棄物が大量発生する中、被災地の地元企業として何か地域に役立つことができないかと考え、市の遊休地を借りて仮設処理プラントを設置し、大量の廃棄物を処理させて頂きました。当時は明石市内に大規模な処理施設がなかった為、その必要性を痛切に感じました。そして、その経験から今後地震などの大災害が発生した場合、廃棄物の適正処理を通じて地域をしっかり支えたい、という想いのもと、様々な廃棄物に対応できる様、設備を今日まで整えてまいりました。

この動画をきっかけに、産業廃棄物業界の泥臭いイメージを刷新し、若々しくエネルギッシュなイメージに変えたい。また、地域に貢献したいと願う、意欲ある若い人材に興味を持ってもらいたいです。


【会社概要】

木村工業株式会社
本社所在地:兵庫県明石市大久保町ゆりのき通1-5-17
設立:1968年6月21日
資本金:30,000,000円
代表者:代表取締役 木村 鐘一
従業員:150名

業務内容:
産業廃棄物処理事業
事業系一般廃棄物収集運搬業
資源リサイクル事業
環境ソリューション事業
解体工事業
エネルギー事業

グループ会社:
キズナックスホールディングス株式会社
高取商事株式会社
有限会社エコサービス
株式会社キズナックスエコロジー
株式会社キズナックス
株式会社キズナックスファクトリー
株式会社キズナックスマネジメント

会社ホームページ