ものんくる、今週開催のツアー・ファイナル公演は過去最大の豪華10人編成

吉田沙良(ボーカル)と角田隆太(作詞/作編曲/ベース)からなる2人組ユニット、ものんくるが今年9月にリリースしたばかりのニュー・アルバム『RELOADING CITY』を引っさげ10月17日(水)に恵比寿Liquidroomにてワンマン・ライブを行う。

初のセルフ・プロデュースとなる今作は、タイトルでもある「RELOADING CITY=再読み込み中の街」をテーマに、2020年の東京オリンピックに向けて再開発の進む東京の街から着想を得て、変わりゆく街と変われずにいる主人公とのコントラストを描いた作品となっている。

今回のツアー・ファイナルは、10月10日(水)に大盛況の中で幕を閉じたリリース・ツアー地方公演を駆け抜けた5人編成のバンドに、弦楽隊、コーラス隊を加え豪華10人編成でのライブを披露するという。過去最大規模の会場にて、過去最多の演奏曲目と共にライブが行われる。

今年2月に行われたBlue Note Tokyo公演以来となる今回の東京でのワンマン・ライブは、猛スピードで進化していく彼らの2018年の集大成となる一夜となるだろう。


【イベント情報】

RELOADING CITY release tour final
日時:2018年10月17日(水) 開場 18:30 / 開演 19:30
会場:東京・恵比寿LIQUID ROOM
料金:前売 ¥4,000 / 当日券 ¥4,500 (各1D代別途)
出演:
ものんくる

メンバー:
吉田沙良 (Vo.)
角田隆太 (Ba./ Syn. / Gt.)
宮川純 (Key.)
伊吹文裕 (Dr.)
小川翔 (Gt.)
関口将史 (Cello)
田島華乃 (Violin)
佐々木詩織 (Cho.)
稲泉りん (Cho.)
松村瑠璃(Cho.)

・チケット予約:e+

ものんくる オフィシャル・サイト