Isolation Berlin

Kicks

Isolation Berlin / Kicks
怒りにまかせ、砲弾を蹴り飛ばせ! 走れ!――ジャーマン・ポストパンクが炸裂。そのスネア、衝動的

ドイツの首都・ベルリンを拠点とするプロトポップ・バンド、Isolation Berlin(アイソレーション・ベルリン)が2ndアルバム『Vergifte dich』(Poison Yourself:毒を持て)を2月23日にリリースする。そこから2曲がシングル・カットされ、本日2月16日(金)には「Marie」のMVが公開されている。そして、もう一方の「Kicks」は昨年11月に投下されており、そのフラストレーション全開の激しいビートは、ポストパンク・ファンをも唸らせるだろう。こちらがそのMVだ。

ただ、ポストパンク特有のダンス・ミュージックとしての側面やロマンティックな色合いは薄く、どちらかと言うと暴力性に突き抜けており、ソリッドな楽曲に仕上がっている。それはまるで、濡れたケモノの骸を何度も何度も叩きつけるように狂暴だけれども、幼稚で純粋な残虐性とは違う。冒頭でも述べた通り、そうさせるのは身震いするほどの怒りや不満だ。

もっとも、そうした感情をポストパンクの文脈で解釈するならば、それらの矛先は自分自身である。そしてこれを当時(70年代後半から80年代前半まで)の分析としてではなく、現代の問題として考えてみたい。今、鳴らされた音なのだから。
実生活は空白のまま、その表紙や額縁ばかりが虚飾に満ちてゆく――そんな空気感がこの世の中に漂っているように感じられることはないだろうか。そこに芽生える苛立ちというのは実にむなしいもので、まさに時代を象徴するテーマの1つと言える。しかし、憤激の叫びをあげて肺いっぱいの虚無感や無力感を思いっきり吐き出せば、それは多少なりとも世界の見方を変えるはずだ。真に火を点けるべきは自分自身、つまり、“起爆剤(Kicks)”の意義がそこにある。

ちなみに彼らは過去に、ドイツ版Rolling Stone誌の企画にて、Joy Division「Isolation」をドイツ語でカバーしている。コンピレーション・アルバム『Berliner Schule/Protopop』に収録されているので、ぜひこちらもチェックしていただきたい。


【リリース情報】

Isolation Berlin 『Vergifte Dich』
Release Date:2018.02.23 (Fri.)
Label:Staatsakt / Caroline International
Catalog No:LC15105
Tracklist:
1. Serotonin
2. Vergifte dich
3. Wenn ich eins hasse, dann ist das mein Leben
4. Melchiors Traum
5. Vergeben heißt nicht vergessen
6. Marie
7. Antimaterie
8. In deinen Armen
9. Die Leute
10. Kicks
11. Mir träumte

hikrrr

Curator

hikrrr

内省的で知性美のある音楽を贔屓にしています。が、バイオレントなものも好きです。普段は暗く涼しいところに保管されたい