Hollow Suns

Into the Water

Hollow Suns / Into the Water
東京発の実力派バンドが新作をドロップ。浮遊感溢れるサウンドとJimmy Eat Worldライクなメロディ・センスは聴き逃し厳禁!

東京発の4人組オルタナティブ・ロック・バンド、Hollow Sunsが9月14日(土)に通算3枚目のEP『Into the Water』をリリースしました。そんなEPから、今回はタイトル・トラックである「Into the Water」をご紹介。

作品全体を通して空間系エフェクトを多用しながら、『Bleed American』期のJimmy Eat Worldを彷彿とさせる、キャッチーでメロディアスな構成となっている同EP。しかし、本楽曲はタイトル通り、まるで水中のような浮遊感のあるモダンなロック・サウンド。

過去作と比べても空間系のエフェクトが目立ち、彼らの新境地とも言える楽曲かと思わせますが、時より覗かせる切れ味鋭いディストーション・ギターの鳴りや、メンバーそれぞれがバックボーンとして持つハードコア譲りの存在感のあるベースもしっかりと組み込まれていて、単にシューゲイズ色に寄せるのではないこの程よいバランス感が心地よいです。彼らの鳴らすこの重低音は、ある種の安心感がありますね。

本作『Into the Water』はデジタルはセルフ・リリースとなっていますが、フィジカル・リリースは12インチ・レコードとして、USの〈Sunday Drive Records〉からのリリースに。また、本作のカバー・アートワークは過去にTurnoverCitizenといったバンドのMerchデザインを手がけ、Title Fightのギタリストであり、ファッション・ブランド〈Happy House〉のデザイナーでもあるShane Moranがロゴを担当しています。

このコラボレーションは、The MenzingersやAngel Dust、NothingといったUSのパンク/ハードコア、インディ・ロック界隈との共演歴を持つ彼らだからこそ成し得たものですし、このシーンの繋がりがここ日本でも体感出来ることに胸が熱くなりますね。

この投稿をInstagramで見る

New ep ‘Into the Water’⠀ Available on streaming services from September 14th, 2019⠀ Release from 🇺🇸@sundaydriverecords /🇯🇵Self⠀ Logo design by @poison.thorn(from @happyhousewb)⠀ ⠀ Pre-install link in bio &↓⠀ https://buff.ly/30ZaJ1Z⠀ ⠀ More details coming soon⠀ -⠀ 新作『Into the Water』9/14ストリーム配信開始⠀ フィジカルは@sundaydriverecords(US)からのリリース⠀ ロゴデザインは@poison.thorn(from @happyhousewb)に担当してもらいました。⠀ ⠀ 本日より配信予約も可能です。下記リンク/バイオからどうぞ。⠀ https://buff.ly/30ZaJ1Z⠀ ⠀ 追加詳細は後日アナウンスします⠀ ⠀ #hollowsuns #sundaydriverecords #intothewater

Hollow Sunsさん(@hollowsuns)がシェアした投稿 –

ハードコアのエッセンスをフックにしたオルタナティブ・ロックをさらに進化させるHollow Suns、ぜひチェックを。


【リリース情報】

Hollow Suns 『Into the Water』
Release Date:2019.09.14 (Sat.)
Label:Self Release(JPN)/Sunday Drive Records(US)
Tracklist:
01.Waiting for the Time
02.Into the Water
03.It’s All There
04.Heavy in the Air
05.No One Stays

Hollow Suns オフィシャル・サイト

Yuya Tamura

Curator

Yuya Tamura

I'm punk nerd. ポップ・パンク、ハードコア、エモが主戦場。 Webの仕事をしていますが音楽はアナログ派、現場主義です。