Forever

Stolen Car

Forever / Stolen Car
個人的に注目しているカナダの女性シンガーが新曲を公開。内省的な歌詞と先鋭的なビートが織りなすメロウなナンバー

以前も紹介したカナダはモントリオールを拠点とするJune Moonによるソロ・プロジェクト、Foreverが新曲「Stolen Car」を公開しました。

June Moonは元TOPSのメンバーで、現在はVesuvio Soloとしても活躍するThom Gilliesとのプロジェクト、Exit Someoneとしても活動するアーティスト。

今回のシングルも前回の「Falling」同様、同郷の女性プロデューサー・Ouriがトラックを手がけているようです。

相変わらずピーキーで無骨なビートと、彼女のフェティッシュなボーカルとの対比が素晴らしい一曲。低空飛行で進行していきながらも、上音が次々と変化していくことで様々な表情をみせ、最後は余韻を残しながらもフェード・アウト。
KelelaやNAOといった先鋭的なトラックを乗りこなすオルタナティヴなR&Bともゆるやかに繋がりながらも、インディ的な素朴な雰囲気をも残した変わった存在のように思えます。

リリックは内省的な内容となっているようですが、残念ながらまだ歌詞が公開されていないので読めていません。ですが、プレス・リリースには本人から本楽曲について下記のような一文が寄せられています。

「Did I got busted for stealing a car? Am I a wild girl? Did I break someone’s heart? My eyes are filled with tears, I’m waiting for them to roll down my cheeks.(私は車を盗んで逮捕されたのですか? 私は不良ですか? 私は誰かの心を傷つけたのですか? 私の目には涙が溢れていて、それが頬を伝うのを待っています)」

なお、本楽曲は2018年1月リリース予定だという2nd EPからの先行曲。”SXSW”や”POP Montreal”といったフェスへの出演も果たすなど、ジワジワと注目が集まってきているような気配もみせるだけに、今後の動向もゆるやかにチェックしていきたいと思います……!

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

情報時代の野蛮人です 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes

RANKING