EELS

Today Is The Day

EELS / Today Is The Day
個人的には暫定年間ベストMV。4月リリースの新作より、ポジティヴなヴァイブスに溢れた新曲MVが公開

USはカリフォルニアを拠点とするSSW、EことMark Oliver Everettによる変幻自在のプロジェクト、EELS(イールズ)が4月6日(金)にリリースする12作目となる新作『The Deconstruction』(国内盤は25日[水])より、「Today Is The Day」のMVが先月末に公開されました。

E本人も「EELSのこれまでの楽曲で一番アップリフティングな曲」と語っているように、本楽曲はまるで若手バンドのようなフレッシュさを感じさせる風通しの良い一曲。それでいながら、長年のキャリアに裏打ちされたソングライティング・センスをも感じさせるキラーな一曲。

何かの始まりを予感させるポジティブなメッセージが感じ取れるリリックと同様、MVもとびきりハッピーな仕上がりとなっています。MVにはNetflixの人気ドラマ『LOVE』の主演を務めるMike Mitchellが出演し、E本人も登場(1:22頃)します。

待望の新作となる『The Deconstruction』は、米カリフォルニアの複数のスタジオにてレコーディングを実施し、演奏はEELSの2作目『Electro-Shock Blues』にも参加している米プロデューサー・Mickey Petralia、そして映画音楽作曲家でもあるKool G. Murder(映画『ジャッカス クソジジイのアメリカ横断チン道中[原題:JACKASS PRESENTS: BAD GRANDPA]』)とP-Boo、そしてThe Deconstruction Orchestra & Choirと名付けられたオーケストラ&合唱団によって行われたそう。

すでに6月の北米とイギリス&ヨーロッパでのツアーが発表されていますが、果たして久方ぶりの来日はあるのか。新作の行方とともに来日公演の方にも期待したいところ……!


【リリース情報】

EELS 『The Deconstruction』
Release Date:2018.04.25 (Wed.)※
Label:E-Works / Hostess
Cat.No.:HSE-4478
Price:¥2,100 + Tax
Tracklist:
01. The Deconstruction
02. Bone Dry
03. The Quandary
04. Premonition
05. Rusty Pipes
06. The Epiphany
07. Today Is The Day
08. Sweet Scorched Earth
09. Coming Back
10. Be Hurt
11. You Are The Shining Light
12. There I Said It
13. Archie Goodnight
14. The Unanswerable
15. In Our Cathedral

※初回仕様限定:ボーナストラック・ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット:mp3)。歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)

■リリース詳細:http://hostess.co.jp/releases/2018/04/HSE-4478.html

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

情報時代の野蛮人です 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes

RANKING