Forth Wanderers

Not For Me

Forth Wanderers / Not For Me
Built To SpillやPavementが持つインディ精神の新たな継承者――新世代フィメール・アイコン擁する5人組が〈Sub Pop〉より新作をリリース

インディ・ロック・シーンの新たなるフィメール・アイコン、Ava Trillingを擁するニュージャージー出身の5人組バンド・Forth Wanderersが、〈Sub Pop〉と契約後初となるアルバム『Forth Wanderers』を4月27日(金)にリリース! そんな本作から、リード曲「Not For Me」が公開されました。

ノイジーで荒削りながらどこか力の抜けたサウンド、そして哀愁漂うメロディ・ラインはまさにBuilt To SpillやPavementの系譜に連なるもの。それに加え、ほどよい気だるさと凛としたクールな佇まいを持ち合わせた女性ボーカルという点も見逃せません。Haim三姉妹よりもガール・ネクスト・ドアな(親しみやすい)雰囲気、Alicia Bognanno(Bully)ほどパンキッシュではない、等身大のロック・アイコンとしても今後大きな注目を集めそう。

アルバムはフィラデルフィアにあるホーム・スタジオで録音され、エンジニアは友人が担当。ちなみにこのMVのアニメーションはギターのBenが手がけたそうで、90年代のUSインディ・バンドの多くが持っていたDIY精神を色濃く反映させた内容になっているようです。

それにしてもこのForth Wanderersといい、3月にアルバムがリリースされるMoaningといい、最近〈Sub Pop〉がまたアツい感じのレーベルになってきてますね。

Forth Wanderers:
Ben Guterl – guitar
Ava Trilling – vocals
Duke Greene – guitar
Noah Schifrin – bass
Zach Lorelli – drums


【リリース情報】

Forth Wanderers 『Forth Wanderers』
Release Date:2018.04.27 (Fri.)
Label:Sub Pop
Tracklist:
1. Nevermine
2. Company
3. Ages Ago
4. Taste
5. Not for Me
6. Be My Baby
7. New Face
8. Saunter
9. Tired Games
10. Temporary

deidaku

Curator

deidaku

PUBLIC IMAGE REPUBLICというブログを書いています。【影響を受けたアーティスト】TM NETWORK / Björk / Weezer

RANKING