Disclosure

BOSS

Disclosure / BOSS
メインストリームでの大成功を経ての新作EPは、初期の頃を彷彿とさせるサンプリング主体のシンプルかつフロア・キラーな作品に!

もはや世界的なトップ・アーティストになったUKの兄弟デュオ、Disclosureが昨日、新作となる3曲入りEPを緊急リリースしました!

『Moog For Love』と名付けられた本作は、その名の通りモーグ・シンセで作られた……のかどうかはわかりませんが、シンプルかつクラシカル、そしてゲスト・ボーカルを多数招いて煌びやかなポップネスを獲得した2ndアルバム『Caracal』とはまた違った、初期の頃のサウンドを想起させるフロア・キラーな一曲に。

特にこのUKガラージ〜2 Stepライクな「BOSS」は、ピッチをイジったボーカルも決して前面に出過ぎない、往年のダンス・クラシックのような構成に。

また、同作に収録されている「Feel Like I Do」は、Disclosure & Al Green名義となっていることからも分かる通り、Al Greenの「I’m Still in Love With You」を大胆にサンプリングしたリエディットのような一曲。こちらもカッコいいです。

ちなみに、今作のタイトル・トラックとなっているもう一曲は、ブリストルのDJ/プロデューサーのEats Everythingとの共作になっており、こちらもGeorge Bensonの「Moody’s Mood」を大胆にサンプリングした一曲。
全体像としては窓もないような地下のクラブを想起させるトラックながら、軽快なキックの音色がどこかトロピカルなイメージをもそこに付与しているようで、こちらも素晴らしい出来。きっと今年多くのフロアを彩ることになるのでしょう。

それにしても緊急リリース流行ってますね……。

==

Moog-For-Love-Hi-640x640

Disclosure 『Moog For Love』
Release Date:2016.06.15
Label:Island Records
Tracklist:
1. Boss / Disclosure
2. Feel Like I Do / Disclosure & Al Green
3. Moog for Love / Disclosure & Eats Everything

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

情報時代の野蛮人です 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes