Aaron Aye

Uptown

Aaron Aye / Uptown
ミネアポリス出身の若きラッパー/シンガーが1stアルバムをリリース。シカゴ勢ともリンクする、外に開かれたダンサブルなナンバー

ミネアポリス出身の22歳という若きマルチ・アーティスト、Aaron Ayeがデビュー・アルバム『Orphan』を本日8月8日(水)にリリースしました。その収録曲の中から、「Uptown」のMVが公開されています。

イントロからまるでBrasstracksのプロデュース・ワークのような爽快な管楽器が鳴り響く本楽曲。Aaronの清々しくもカラフルな美声を活かしたフック部分と、粘っこいフロウをみせるラップ・パートでの、まるで客演を招いているかのような表情の違いに驚かされます。

ヒット・チャートを席巻するトラップとは一線を画するダンサブルなトラックは、シカゴ界隈、CHance The RapperやSaba、Towkio辺りのSave Moneyクルーともリンクしているような気も。外に開かれた、風通しのいいサウンドになっています。

アルバムとしては、インタールード曲「Blind Man」から流して本楽曲を聴くのが個人的にオススメ。ビンテージなソウル的要素も感じさせるインタールードから、華やかなイントロの「Uptown」へと繋がる流れが最高です。

本作『Orphan』について、彼はFaderにて次のように語っています

「このアルバムは、自分が親を持たないひとりの中西部の少年だった頃の、人生の目的を見つけるための――愛を試したり、不確実性と戦ったりした旅からインスパイアされている」

本作はまさに22歳のこれまでの人生が詰まった赤裸々な1stアルバムと言えるでしょう。これからの彼の活躍に目が離せません。


【リリース情報】

Aaron Aye 『Orphan』
Release Date:2018.08.08 (Wed.)
Label:Culture Shock Music
Tracklist:
1. Since ’96
2. Care 4 Me
3. Til It’s Done
4. Cold Winters
5. Blind Man (Interlude)
6. Uptown
7. I Know

Takashi Komine

Curator & Interviewer

Takashi Komine

主に洋楽の新人アーティストの中でも上質なアーティストをお届けします。音楽の泥沼にハマったどこにでもいそうな青年。 【影響を受けたアーティスト】 Yuck、Rage Against The Machine、The Strokes

RANKING