The Day

Where The Wild Things Are

The Day / Where The Wild Things Are
オランダ/ドイツ拠点のドリーム・ポップ・デュオ。デビューALからDaughterやBeach House好きにオススメしたいダークな世界観の一曲を!

オランダ/ドイツを拠点に活動中の男女ドリーム・ポップ・デュオ、The Dayが1月にリリースしたデビュー・アルバム『Midnight Parade』から「Where The Wild Things Are」をご紹介します。

The Dayはオランダで学生をしていたLaura LoetersとGregor Sonnenbergでスタートさせたドリーム・プロジェクト。現在はGregorがドイツへ移住し別々の場所を拠点に生活しているものの、ライブ含めバンド活動は止まるどころか勢いを増して継続中の、注目のニューカマー。

「Where The Wild Things Are」はDaughterやBeach Houseなどを彷彿させる星空の下で聴きたくなるような美しく儚い世界観の1曲。特に2:30秒〜のボーカル、Lauraの叫びのようにも聴こえるコーラス・ワークはノルウェーの新世代歌姫、Auroraのように圧倒的なモノを感じさせます。

「Where The Wild Things Are」だけを聴くと、ダークな世界観のバンドのように感じますが、彼らはこのタイプの曲だけではなく「We Killed Our Hearts」など、キャッチーなインディ・ポップ・サウンドに仕上がっている楽曲や、シューゲイザーやフォークの要素強めの楽曲まで、懐の広さを感じさせてくれます。気になった方はアルバムもぜひともチェックしてみてください。


【リリース情報】

The Day 『Midnight Parade』
Release Date:2019.01.18 (Fri.)
Label:Sinnbus
Tracklist:
1. Island
2. Where The Wild Things Are
3. Grow
4. The Golden Glow
5. Yet To Come
6. Exit Sign
7. We Killed Our Hearts
8. Gravity Has Played Its Part
9. Berlin
10. I Drew A Map
11. The Years
12. Illuminate
13. Folded Paper Planes

Kent Mizushima

Curator

Kent Mizushima

明日フェス / to'morrowというイベントを都内で主催しています。洋楽専門ディストロ〈to’morrow records〉をはじめました。 相変わらずライブハウスによくいます。