Say Sue Me

Old Town

Say Sue Me / Old Town
韓国は釜山から世界へ羽ばたく4人組! 2ndアルバムから、疾走感溢れる軽快なインディ・ポップを!

韓国は釜山を拠点とする4人組、Say Sue Meが2ndアルバムとなる新作『Where We Were Together』を4月13日(金)にリリースしました。

彼らはすでに“SXSW”にも出演を果たしており、UK&ヨーロッパ・ツアーやJapanese Breakfastのフランス公演での前座を務めるなど、早耳インディ・リスナーからアツい注目を集めている存在。

この「Old Town」は、アルバムに先駆けて2月にリリースされたシングル曲でもあるのですが、疾走感のある爽快なバンド・サウンドと、小気味良いギター・リフが癖になる一曲。

最近で言えばAlvvaysやDIIVなどを彷彿とさせながらも、メロディ・ラインからはどこかオリエンタルな雰囲気が感じられ、そこがこれまたたまりません。

なお、彼らは影響源としてYo La TengoやPavement、Seamといった90年代USインディ・アクトを挙げています。

影響源の近いシャムキャッツや、ミツメなどと対バンしたらとても相性がよさそう。個人的に来日熱望です!


【リリース情報】

Say Sue Me 『Where We Were Together』
Release Date:2018.04.13 (Fri.)
Label:Damnably Records
Tracklist:
1. Let It begin
2. But I Like You
3. Old Town
4. Ours
5. Funny And Cute
6. I Just Wanna Dance
7. B Lover
8. After Falling Asleep
9. Here
10. The Courage To Become Somebody’s Past
11. Coming To The End
12. Old Town (Radio edit)

oden

Curator

oden

ついにモラトリアムを卒業してしまった社会人一年目な神奈川県民(not YOKOHAMA)。音楽は浅く広く、邦楽も洋楽も色々聴きます。おでんとビールが好き。

RANKING