Rootscoaster Vol. 169

アカツカ(South Penguin)

異色の存在感を放ち続けるSouth Penguin。その首謀者=アカツカが語る、バンドのルーツとは

東京を拠点とするバンド、South Penguinが8月2日(水)に1stアルバム『Y』をリリースした。

2014年に結成され、2016年には『FUJI ROCK FESTIVAL』の「ROOKIE A GO-GO」への出演を果たし、翌年には初の海外公演である台湾公演を開催。これまでにEPとシングルをそれぞれ2枚リリースしており、ファンにとって今回の1stアルバムは、まさに“待望”という言葉が相応しい作品だと言えるだろう。

1曲目の「air」からDos Monosの荘子itが客演参加するなど、刺激的な変化も感じさせつつも、初期からバンドが擁していた個性――独特のテンション感を湛えたグルーヴに独特のサイケデリア、そして深部に内在するファンクネスを純粋培養したかのような作風に、不思議な懐かしさと同時に圧倒的な個性を感じる全9曲。サウンド・プロダクションの進化も含めて、また1枚2019年屈指の傑作が登場したと言っても過言ではないだろう。

今回はそんな新作を上梓したばかりのSouth Penguinの首謀者・アカツカがRootscoasterに登場。その音楽性同様、掴みどころのない本人のコメントと、South Penguinの核に近づくための3曲を楽しんでもらえれば幸いだ。

Text By Takazumi Hosaka


1. Connan Mockasin / I’m The Man, That Will Find You

Connan MockasinはSouth Penguinにとってヒーローでありアイドルで、彼の音楽は常に我々の中で礎として存在しています。
一方でバンドのサポート・メンバー内では名探偵の方のコナンへの支持も厚く、毎日のように原作派かアニメ派かで殴り合いの喧嘩を繰り返しております。


2. Talking Heads / The Great Curve

『けいおん!』の平沢唯に憧れギターを手に取った高校時代。
時を同じくして私はTalking Headsと出会いました。初めて買ったアルバムは『Remain In Light』で、中でも「The Great Curve」は大変なオキニでした。
ライブ映像の中でのAdrien Belewの超絶ギターに感動し「俺もこんなギタリストになる」と意気込んだのですが、手始めに練習した「ふわふわ時間」で挫折しギターを質屋に入れました。


3. 54-71 / Cosmetic Overkiller

54-71ほど聴いたバンドはいないかもしれません。
私にとってはルーツ中のルーツであり、最高のバンドです。


Message

私個人のルーツとなると全曲ポルノグラフィティになってしまう恐れがあった為、今回は「South Penguinというバンドおける自分自身のルーツ」という視点で3曲選ばせていただきました。
8月2日(水)にリリースしたSouth Penguinの1stフル・アルバム『Y』からは、上記のアーティストは勿論、他にも様々なところからの影響が伺えると思います。
分かりやすいオマージュなんかもあったりするので、是非見つけて頂きニヤッとしてもらえると嬉しいです。
とにかく多くの方に届いて欲しいと思っております。よろしくお願い致します!


Profile

South Penguin

・アカツカ(Gt. / Vo.)

support member

額賀涼太(Ba.)
ニカホヨシオ(Key.)
宮田泰輔(Gt.)
礒部拓見(Dr.)
宮坂遼太郎(Per.)

2014年7月に東京で結成。
2016年7月20日、デビューEP『alaska』をリリース。それに伴いライブ活動を開始し、同月『FUJI ROCK FESTIVAL’16』内「ROOKIE A GO-GO」に出演。
2017年6月17日、初の海外公演である台湾でのライブをもってアカツカ以外のメンバーが脱退し、その後はサポートメンバーを迎え活動。
同年7月5日、2ndEP『house』をリリース。
2018年春、中国を代表する野外フェス『Taihu Midi Festival』を含む全4箇所を巡る中国ツアーを敢行。
2019年1月30日に1stシングル『idol』、2月27日に2ndシングル『alpaca』を2ヶ月連続リリース。
同年7月、台湾最大級の野外フェス『覺醒音樂祭 WAKE UP FESTIVAL 2019』を含む台湾ツアーを敢行。
8月2日、1stフル・アルバム『Y』をリリース。
やりたいことに忠実に活動中。

South Penguin オフィシャル・サイト


【リリース情報】

South Penguin 『Y』
Release Date:2019.08.02 (Wed.)
Label:P-Vine
Tracklist:
1. air feat.荘子it (from Dos Monos) 
2. head
3. alaska
4. ame
5. idol 
6. alpaca
7. spk
8. aztec 
9. happy

●参加ミュージシャン
荘子it (from Dos Monos)
hikaru yamada


【イベント情報】

ARAM presents 『リスニング・ルーム』
日時:2019年8月31日(土) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京・渋谷7th FLOOR
料金:ADV. ¥2,200 / DOOR ¥2,500 (各1D代別途)
出演:
ARAM
安楽

==

『的(TEKI) vol.3』
日時:2019年9月16日(月) OPEN 18:00 / CLOSE 18:30
会場:東京・下北沢Basement Bar
料金:ADV. ¥2,500 / DOOR ¥3,000 (各1D代別途)
出演:
South Penguin
Group2
No Buses

[DJ]
鳥居真道(トリプルファイヤー)

……and more!

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。