REPORT

藤原さくら、夢の初野音で新曲披露

mabanuaとタッグを組んだ新作『green』を引っさげ開催された初野音。高らかと第2章の幕開けを告げた彼女が放つ、次なる“色”とは

SSWの藤原さくらが、新作EP『green』を引っさげて初の日比谷野外大音楽堂でのワンマン“藤原さくら 野外音楽会2018”を7月15日(日)に行なった。早々にソールドアウトを記録した同公演だったが、この日は熱中症対策必須のアナウンスが出るほどの猛暑日。それでも会場には溢れんばかりの観客が詰めかけ、足下にきれいな人工芝を敷いた、ガーランドや草花にキャンドル・ライトなどでホーム・パーティーっぽく飾り付けた、『green』にちなんだ緑いっぱいのステージ・セットで繰り広げられた彼女のパフォーマンス、夏の野音を大いに楽しんだ。


『green』のトータル・プロデュースを務めたmabanua(Dr./Ovall)をバンマスに、Shingo Suzuki(Ba./Ovall)、別所和洋(Key./Yasei Collective)、村中慧慈(Gt./wacci)、Meg(Cho.)がバックを固める、一夜限りのスペシャル編成。まずはその5人が「Opening Jam」としてセッション、リラックス・ムードを作り出す中、グリーンのワンピースを纏った藤原さくら(Vo.&Gt.)が登場すると、『green』の1曲目を飾る「Dance」でライブは軽やかにスタートした。心地よいアンサンブルとともに、英詞で紡がれた「今日は大きな声で歌おう」「こんな気持ちいい夏の日は踊りたい気分なの」という歌が空へ抜けていく。「Sunny Day」にしても、快晴の野音で聴けるのがとても贅沢で、別所が奏でるオルガン調の音色をはじめ、ブラック・ミュージック感のあるアレンジもたまらない。

「みんな暑かったでしょう?」「すごいね! たくさん来てる」「本当に水分を摂りながら聴いてくださいね」と客席を見渡して声をかける藤原。「わたしの夢だった野音というステージでひさしぶりのワンマン、お会い出来て嬉しいです。新しいのも昔のもいろんな曲をやっていくので、今日はよろしくお願いします!」と挨拶し、ジャジー&ブルージーに彩りつつもmabanuaの陽気なパーカッションとカズーがいいアクセントの「I wanna go out」、ゆったりしたテンポでアーバンに魅せる「maybe maybe」、藤原の中~低音域ボイスと別所のアコーディオンっぽいキーボードが優雅に交わる「How do I look?」と、メジャー1stアルバムの『good morning』より3曲を届けた。まるでお気に入りの本や映画を引っぱり出してきて、懐かしみ味わい直すかのように。今改めて過去の楽曲と向き合うことで、自分の現在地を確かめたかったのかもしれない。落ち着いた感じの曲が続き、暑さはほのかに和らぎ始める。会場脇から鳴り響くセミの声とのコントラストもまたいい。


「こんなふうにセミが鳴いてる夏の日、好きな人と一緒にコンビニへ行って、ハーゲンダッツをねだるような日常の曲、夏の恋の曲です」と紹介したラブ・ソング「赤」は、ステージのバックライトも赤く光っていいムード。そして、村中のワウ・ギターが演奏に厚みをもたらす中、「Just one girl」は天性のスモーキー・ボイスを堂々たる佇まいで響かせ、彼女の成長度合いがわかりやすく見て取れた。女優業でも注目を集めてきた藤原さくらだけれど、そのパフォーマンスに芸能色はなく、むしろSSWとしての実力、味わい、矜持を強く感じるばかり。得意のオーガニックかつフォーキーなサウンド、ローファイで温かみのあるグルーヴを基調に、ソウルや民族的なテイストなど自身の好む色とりどりの音楽性を取り込みつつ、ポップに昇華していく様が眩しい。愛の翳りがテーマの「グルグル」では、物憂いトーンとともにヒップホップのビートを薫らせる。

新作EP『green』には、“別れ”を滲ませる楽曲が結果的に多く収められた。しかしながら、さほど過去に囚われていない内容のおかげか、ライブで聴いてもやっぱり気分が沈むようなことはなく、心地よい切なさで胸を満たしてくれる。それでいて、新しい彼女のモードをじんわり伝える響きまでが存在しているのは、全体をリードするmabanuaのセンスによる部分も大きい。そのマジック、藤原の歌声に耳を奪われたところで前半終了。セット・チェンジのための休憩タイムへ。

再登場するなり「前半が終わったら、メンバーみんな汗みどろでさあ。(男性陣が)なんか乳首を見せつけてきて、すごく不愉快です」と、観客を笑わせる藤原。そして、ここからはアコースティック・セットということでウクレレを手に取り、お馴染みになりつつあるmabanua(緑の縦縞サッカーシャツが似合ってました)との2人編成で「Soup」へ。夕暮れ時が近付き、ステージの電飾もきれいに輝き出す。演奏後には「ウクレレめっちゃ難しいんだけど、初めて成功しました!」と御満悦の表情も。


アコースティックのブロックは曲ごとに人数が増えていく。「1995」では“ゴッチさん”ことShingo Suzuki(グッチと見せかけたゴッチTシャツを藤原にツッコまれてました)がアップライト・ベースで入り、Ovallのリズム隊のみを据えた陣形に。ちなみにこの3人、約10歳ずつ歳が離れているらしく、藤原は「その上で一緒に音楽がやれるのって素敵だなと思います」と嬉しそうに話していた。

さらに、コーラスにMegを加えて「Ellie」。Megとは冨田ラボのアルバム『SUPERFINE』(2016年発表)に伴うライブの際に出会ったそうで、藤原が自身初の試みとして今回コーラス起用する運びと相成った。美しいハーモニーを経て、この中盤ラストは藤原のピアノの先生をしている別所をピアニカ、もともとmabanuaの友達で昔はバイト仲間でもあったという村中をアコギに招き入れ、ウクレレ姫を囲むようにメンバー全員がセンターにぎゅっと集まって「Baby」を披露。野音の広いステージにもかかわらず、アットホームな雰囲気で6人が肩を寄せ合って、ミニ楽団感たっぷりに奏でる。そんな姿がなんだかとてもよかったのです。


先述した通り、芸能色のないパフォーマンスが光った野音ワンマン。唯一エンタメ性が前に出たのはアコースティック・セット明けのパートのみで、ここでは藤原と共にBSフジ『ポンキッキーズ』に出演していた落語家の春風亭昇々と看板キャラクターのPちゃんがサプライズ・ゲストで飛び入りし、トークに花を咲かせつつ、同番組のエンディング・テーマ「Someday」をいっしょに歌って場を盛り上げた。圧倒的な存在感をもって「ピーピー」叫んでダンスするPちゃんに対し、藤原からは「サービス精神が高いね!」とお褒めの言葉が。

昇々とPちゃんを送り出すと、彼女はさらなるサプライズとして「9月19日に『red』というEPが発売されまーす!」と告げ、ファンを大きく沸かせた。『green』と対をなす2部作で、引き続きmabanuaと制作しているとのこと。そして、その『red』に収録予定の、TVアニメ『若おかみは小学生!』のために書き下ろした新曲「NEW DAY」がライヴ初披露された。時刻は19時を回ってとっぷり日が暮れる中、「変わっていく」「今ここで私」「一歩ずつ歩いていこう」と清々しく響きわたる言葉。新しい藤原さくらが垣間見られて、たびたびドキッとしてしまう。

あっという間にライブは後半。メジャー・デビュー当初の代表曲「かわいい」では、イントロで藤原が「手拍子してくれる?」と呼びかけ、ステージも温かく幻想的な光で包まれる。クライマックスにふさわしい大盛況となったのち、「お月さま」でロマンティックに、余韻を残して本編が締められた。

「本当に野音楽しかったー。みなさんと最高のバンド・メンバーのおかげで今日は楽しかったです。ありがとうございました!」と、アンコールであらためて感謝を伝えた藤原。ライブ中に何度も「楽しいっ!!」と口にする彼女は自然体で音楽を楽しみまくっていて、観ている側もほっこり笑顔にさせてもらった。また、SSWとしてのキャリアを振り返るように、インディーズ時代を含む全作品から組んだセットリストも、実に“らしい”選択だったと思う。


アンコールはもうひとつの月曲「The Moon」。ステージにミラーボールが燦然と輝く中、日が落ちた風景に時間の流れを感じながら、その哀愁を帯びた歌声にオーディエンスは酔いしれた。次いで、最後にやさしく届けられたのは「bye bye」。「悲しいだけじゃなくて“また会おうね”って笑って言えるバイバイがわたしは好きです。なので、楽しくお別れできたら!」という曲前のMCが、図らずもEP『green』の本質を物語っていたのではないでしょうか。辺りには、夏の夜風が気持ちよく吹いていた。

初の野音単独公演を通して、第2章の幕開けを爽やかに印象づけた藤原さくら。9月19日には3rd EP『red』をリリース、9月から11月にかけては“Sakura Fujiwara tour 2018 yellow”で全国9都市を回る。“緑”に続く“赤”と“黄”の真意も気になるところ。彼女がどんなふうに色を放っていくのか、ますます目が離せない。

Text by Yuji Tayama
Photo by Hada Makoto



【藤原さくら 野外音楽会2018 セットリスト】
01. Opening Jam
02. Dance
03. Walking on the clouds
04. Sunny Day
05. I wanna go out
06. maybe maybe
07. How do I look?
08. 赤
09. Just one girl
10. グルグル
11. Soup
12. 1995
13. Ellie
14. BABY
15. Someday
16. NEW DAY
17. We are You are
18. 「かわいい」
19. お月さま
〈Encore〉
01. The Moon
02. bye bye


【リリース情報】

藤原さくら 『red』
Release Date:2018.09.19 (Wed.)
[初回限定盤](CD+バンダナ) ¥2,700 + Tax VIZL-1431
[通常盤](CD) ¥1,800+ Tax VICL-65038

※初回限定盤にはオリジナル・バンダナ付属。2nd EP『green』を収納出来るBOX仕様
※初回限定盤・通常盤ともに、初回生産分のみデジパック仕様

藤原さくら オフィシャル・サイト

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。

RANKING