Petit Biscuit

Problems Ft. Lido

Petit Biscuit / Problems Ft. Lido
フランスの新星が自身の18歳の誕生日に放った1stアルバムより、ノルウェーのカリスマを招いた一曲

1999年生まれの若きフランス人プロデューサー、Petit Biscuit(プチ・ビスケット)がデビュー・アルバム『Presence』を自身が18歳を迎ええる誕生日となった11月10日(金)にリリースしました。

昨年リリースのセルフ・タイトルEPではフューチャー・ベースとトロピカル・ハウスを通過した上で、フロアにもホーム・リスニングにも対応するメロディアスかつベースの効いた内容で、一部の早耳リスナーから話題を集めていました。

同郷のMømeやIsaac Delusionを始め、他にもSonia、Mome、Bipolar Sunshine、Cautious Clay、Panamaなど、どちらかといえばバンド、シンガー系アクトを多く招致した本作『Presence』は、トロピカル・ハウス経由のドリーミーな4つ打ちや異国情緒溢れるボイス・サンプル使いはそのままに、より窓口を広げ、ポップに弾けた一枚となっています。

今回はそんな『Presence』より、ノルウェーの貴公子・Lidoをゲストに招いた「Problems Ft. Lido」をご紹介。


[2018.02.06 UPDATE:MVが公開されたので差し替え]

イントロから切ない感情を強く刺激するシンセ・リフが鳴り響き、Lidoの色気を湛えた歌声が乗っかり加速。割と平坦な構成はハウス的なアプローチと言える思いますが、終盤、最後のサビ終わりからは徐々にシンセの勢いが強まり、どこかフューチャー・ベース的な趣に。

様々なトレンドを上手く消化吸収しつつも、全体としてはポップな歌モノとしてまとめる手腕も素晴らしいです。これで18歳になったばかりだというのだから、本当に末恐ろしいです……。

アルバムからもう一曲、先述した通りMøme、Isaac Delusionの同郷の二組を招いたPetit Biscuit & Møme「Gravitation (ft. Isaac Delusion)」を。
こちらはタメの効いたフューチャー・ベース的展開と、つんのめった4つ打ちによるスピーディーなハウス的展開が入り交じるナンバー。レイドバックしたボーカルは幻想的な世界観を演出する様は、まるで北欧系のバンドやアーティストをも想起させます。


【リリース情報】

Petit Biscuit 『Presence』
Release Date:2017.11.10 (Fri.)
Label:Petit Biscuit Music
Tracklist:
1. Creation Comes Alive (feat. Sonia)
2. Problems (feat. Lido)
3. Follow Me
4. Beam
5. Break Up
6. Gravitation (feat. Isaac Delusion) / Petit Biscuit & Mome
7. On the Road
8. Wake Up (feat. Bipolar Sunshine & Cautious Clay)
9. Presence
10. Oceans
11. Waterfall (feat. Panama)
12. Sunset Lover
13. Forever Being
14. The End

■Petit Biscuit SoundCloud:https://soundcloud.com/petitbiscuit

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

情報時代の野蛮人です 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes

RANKING