表現者を繋ぐプロジェクト“TOKYO SOUNDS”始動 SIRUPのライブ映像&showmore「恋をした」視聴動画が公開

音楽を中心としたクリエイティブ・プロジェクト“TOKYO SOUNDS”が本日始動した。本プロジェクトでは、国内外の新鋭音楽を発信するSpincoasterがキュレーションしたミュージシャンと、映像クリエイター、フォトグラファー、ダンサーなどの表現者を繋ぎ、新しい価値を生み出し発信していく。アート・ディレクションはデザイン・スタジオ「MIRROR」が手がける。

今回は、そのプロジェクトの一環として、2つの映像が公開された。

スタジオ・セッション動画「Studio Session」では、SIRUPによるライブ・パフォーマンス映像が公開。SIRUP本人だけでなくサポート・ミュージシャンにもスポットを当て、MPCプレイヤーやキーボーディストの手元までしっかりとクローズアップ。さらに、その場にいるような臨場感を体験できるバイノーラル録音を採用した、エクスクルーシブなライブ映像となっている。映像ディレクターは、Thundercat「Tokyo」のMVのディレクションも手がけているJun Hanamoto-Hearnが務めている。

ジャケット写真を使った動画「Moving Jacket」では、2人組ユニット・showmoreによるCharaのカバー曲「恋をした」のジャケット写真を使用し、映像制作会社「SIGNIF Inc.」の手によりループ動画としてアレンジしている。

これらの映像コンテンツは今後シリーズ化し、継続的に更新を続けていく予定だ。


【TOKYO SOUNDSとは】

国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアートディレクション・デザインを行うMIRRORがタッグを組み設立した“新しい音楽の未来をつくる”ことを目的としたプロジェクト。

TOKYO SOUNDSは、SpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かし、以下の3つの機能を有している。

①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナルコンテンツを制作する『クリエイティブ・プロダクション』
②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、instagramを活用し音楽を発信する『メディア・プロモーション』
③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中
応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/

■TOKYO SOUNDS オフィシャル・サイト:https://tokyosounds.com/

■MIRROR:http://mirror-site.org/