Apple Music『Home Session』が日本で始動 第1弾ではSIRUPが「I won’t be」とJoyce Wriceのカバーを披露

Apple Musicの独占企画『Apple Music Home Session』が本日7月23日(金)に日本でも始動。国内アーティスト第1弾としてSIRUPが登場した。

『Apple Music Home Session』はコロナ禍をきっかけにイギリスでスタートした企画。これまでに、The xxのRomy、Kylie Minogue、Years & Years、Ellie Goulding、Arlo Parks、slowthai、London Grammarなど多くの海外アーティストが参加し、オリジナル楽曲やカバー曲を生演奏で披露。豪華なスタジオを使用したり、フルバンドを従えての収録ではない分、歌唱力や演奏力がシンプルさを持って際立ち、生演奏の温かみと親しみやすさを味わえる内容となっている。

日本からの第1弾となったSIRUPは、自身の作品である「I won’t be」のライブ感溢れるニュー・テイクと、Joyce Wriceの「That’s On You (feat. UMI) [Japanese Remix]」のカバーを届けてくれた。SIRUPは今回のセッションについて、「こんなに楽しいなら、もっと早くやれば良かった」とコメント。オリジナルの「I won’t be」はスロウなトラップ・ビートを用いていたが、今回は湿り気を帯びたギターの伴奏、そしてベース、ピアノやドラムスと、有機的な演奏が折り重なっていくアレンジになっている。

Joyce WriceとUMIの甘く切ないソウル・チューン「That’s On You (feat. UMI) [Japanese Remix]」のカバーは、彼女たちの息遣いを丹念にくみ取りつつ、エモーションを拡張するラップを織り込んでいる。これら2曲が収録された「Apple Music Home Session: SIRUP」は、Apple Music独占で配信。また、プレイリスト『Apple Music Home Session: ハイライト』においても、他の様々な海外アーティストと共にSIRUPの「That’s On You (Japanese Remix) [Apple Music Home Session]」が紹介されている。

『Apple Music Home Session』は今後も国内外の様々なアーティストのセッションを届けていくとのこと。今後も動向に注目したい。

SIRUP オフィシャル・サイト

Apple Music オフィシャル・サイト