〈カクバリズム〉代表・角張渉初の著書『衣・食・住・音 音楽仕事を続けて生きるには』刊行決定

大好きなバンドの音楽を世に送り出したい。22歳の青年は、たった一人で音楽レーベルを立ち上げた。それから15年……

YOUR SONG IS GOOD、SAKEROCK、キセル、二階堂和美、イルリメ、MU-STARS、cero、(((さらうんど)))、片想い、VIDEOTAPEMUSIC、スカート、思い出野郎Aチーム、在日ファンク、mei ehara……!

個性豊かなアーティストたちが所属し、いまや“カクバリズムっぽさ”は形容詞としても用いられるほど、圧倒的な存在感を示す音楽レーベルに成長した〈カクバリズム〉。 「好き」で始めたレーベル運営が、いつしか自分の「仕事」となっていく――決して平坦でない、凸凹のレーベル道を、角張渉が自ら語る。「厳しい」時代が続いていると言われる日本の音楽業界において、〈カクバリズム〉が唯一無二のインディペンデント・レーベルと評される理由はどこにあるのか。

音楽を生み出すことの喜び、続けていくことの苦しさ。この時代、まっとう過ぎる仕事論がここにある。

■著者・角張 渉(かくばり・わたる) プロフィール
1978年仙台生まれ。大学卒業後、レコード店でアルバイトをしていた2002年に、音楽レーベル〈カクバリズム〉を設立。第 1 弾作品として YOUR SONG IS GOOD の 7 インチシングル『Big Stomach, Big Mouth』をリリー
ス。以降、SAKEROCK、キセル、二階堂和美、MU-STARS、cero、VIDEOTAPEMUSIC、片想い、スカート、
思い出野郎 A チーム、在日ファンク、mei ehara など、エッジの利いたアーティストを続々と輩出。

■聞き手・木村俊介(きむら・しゅんすけ) プロフィール
1977年東京生まれ。インタビュアー。著書『漫画の仕事』(幻冬舎コミックス)、『インタビュー』『善き書店員』(ミシマ社)、『料理狂』(幻冬舎文庫)他、聞き書き『調理場という戦場』(斉須政雄/幻冬舎文庫)、『デザインの仕事』(寄藤文平/講談社)他、単行本構成に『西尾維新対談集 本題』(講談社)他。


【リリース情報】

『衣・食・住・音 音楽仕事を続けて生きるには』
発行日:2018年7月7日(土)
四六判並製/400ページ
定価:本体2000円+税
装丁:大原大次郎
装画:吉澤成友 漫画:本秀康