Janelle Monáe、新作『Dirty Computer』のトレイラーを公開 自身と女優・Tessa Thompsonが出演

米SSW、Janelle Monáe(ジャネール・モネイ)が新作『Dirty Computer』のトレイラーを公開している。

本映像は人気テレビ・シリーズ『ヴェロニカ・マーズ(原題:Veronica Mars)』や、映画『グローリー 明日への行進(原題:Selma)』や『クリード チャンプを継ぐ男(原題:Creed)』への出演などで知られる女優・Tessa ThompsonとJanelle Monáe本人が主役を務めた、映画仕立ての作品。
Pitchforkによると、彼女が「emotion picture」と名付けたこのトレイラーは、一部の劇場ではMarvelの『ブラックパンサー(原題:Black Panther)』の前に上映されることが決定しているとのこと。

なお、新作『Dirty Computer』はまだリリース日などは明かされていないが、2013年の『The Electric Lady』以来、4作目のアルバムとなる。