Molly Drag

Falling Back

Molly Drag / Falling Back
ノスタルジックでメランコリックなカナダのSSWが新作をリリース! ひとりの夜に、真っ暗なベッド・ルームでぜひ

カナダはモントリオールを拠点に活動中のMichael Hansfordによるソロ・プロジェクト、Molly Dragが9月7日(金)にニュー・アルバム『Thumper』をリリースしました。

そのアルバムの中から「Falling Back」のMVが公開されています。

2014年から活動を続けるMolly Dragは、作詞作曲からレコーディングまで自身で務めるD.I.Y.な姿勢を貫くアーティスト。彼にとって4枚目のアルバムとなった今作について本人に訪ねたところ、「子供の頃に住んでいた部屋に帰ってきた時のような、ノスタルジックで美しさと切なさが入り乱れるアルバムができた」と今作を表現してくれました。

その言葉の通りにElliott Smithを彷彿させるようなノスタルジックでオルタナティブなフォーク・ミュージックから、5曲目の「Lay Low」のようなスロー・コアのような楽曲まで収録したメランコリックな作品になっていて、ひとりの夜に真っ暗なベッド・ルームで聴きたくなります。

基本的には全てひとりでやっていることもあり、シンプルな構成ですが、いくつかの楽曲では男女のバック・コーラスやバイオリンをゲストに迎えており、それらのサウンドとMichael自身で弾いているギターの音が楽曲に雰囲気や奥行きを生み出し、どこか北欧の音楽にも近い冷たさを感じさせられます。

個人的には楽曲単位ではなく、アルバムとして聴いたほうが彼の世界観に浸れると思うので、MVを観て少しでも気になった方はBandcampで全曲視聴をオススメします。


【リリース情報】

Molly Drag 『Thumper』
Release Date:2018.09.07 (Fri.)
Label:Forged Artifacts
Tracklist:
1. Last Words
2. Warm Song
3. Falling Back
4. Coyote
5. Lay Low
6. Shapeshifter
7. Pink Roses
8. Contact
9. Gutsy
10. Frostbite
11. Snow Angel
12. Recovery Room

■Molly Drag:Twitter / Facebook / SoundCloud / Bandcamp

Kent Mizushima

Curator

Kent Mizushima

明日フェス / to'morrowというイベントを都内で主催しています。洋楽専門ディストロ〈to’morrow records〉をはじめました。 相変わらずライブハウスによくいます。

RANKING