Kick a Show

悟られないで...

「悟られないで...」――艷やかな色気で誘惑するKick a ShowがSam Is Ohmと共にMusic Bar Sessionに登場!

TOKYO SOUNDSの人気企画、Music Bar SessionにKick a Showが登場した。

昨年、『Purple Sugar』、『Bitter Orange』、『Sour White』のEP3部作をリリースするなど精力的に活動する傍ら、G.RINA、ZEN-LA-ROCK、MONDO GROSSO、eillらの作品へも客演参加するなど、他アーティストからも引っ張りだこなKick a Show。今回のセッションで披露してくれたのは、先述の『Bitter Orange』収録曲「悟られないで…」。裏打ちのリズムを基調としたレゲエ的なサウンドが印象的な楽曲だが、オートチューンを駆使したKick a Showの独特のフロウが加わることでポップに昇華。彼のシルキーなボーカルを、バイノーラルならではの臨場感でぜひとも味わってほしい。

なお、Kick a Showは今回のセッション映像にもライブDJとして出演しているSam Is Ohm、旧知の仲であるJABBA DA FOOTBALL CLUBのROVIN、そしてラッパーのBuddyと共にB-Lovedというコレクティブ・ユニットを始動。7月7日(火)の七夕には1st EP『SPOT』のリリースを控えている。引き続き、その動向から目が離せないことになりそうだ。

Text by Takazumi Hosaka

■Kick a Show:Twitter / Instagram


【TOKYO SOUNDSとは】

“表現者を繋ぎ、新たな価値を届ける”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かした、以下の3つの機能を有している。

=======================================

①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、Instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/

=======================================

■TOKYO SOUNDS:オフィシャル・サイト / Twitter / Instagram

※撮影の様子など貴重な映像はインスタ・ストーリーで公開

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。