Keith Ape

Let Us Prey feat Bryan Cha$e

Keith Ape / Let Us Prey feat Bryan Cha$e
世界中から注目を集める新世代韓国人ラッパーによる、リリースが待たれる新作EPからの一曲!

2015年1月1日に発表した、日本のKOHH、LOOTAなどをフィーチャリングした「It G Ma feat. JayAllDay, Loota, Okasian & Kohh」で世界中に衝撃を与えた韓国出身、現在はアメリカを拠点に制作活動を行っているという稀代のラッパー、Keith Apeがリリース間近という『Self Portrait』から「Let Us Prey feat Bryan Cha$e」のMVを公開しています。

ビートを手掛けたのはLil Yachtyなどにもビートを提供するアトランタのプロデューサー/ラッパーのDigital Nas。トラップを貴重としながらも、どこかゲーム音楽的なような音使いがおもしろいネット世代特有の奇妙なトラックに、Keith Apeと彼自身も所属していた韓国のヒップホップ・クルー、The CohortのBRYAN CHA$Eが共にメロディアスなフロウを乗っける一曲。
先述の「「It G Ma」ではOG Macoのパクりだと言われたKeith Apeですが、この楽曲を聴けば完全にオリジナリティを確立してきているのを実感できはず。

また、先述のEP『Self Portrait』は当初9月1日リリースと発表されていたような気がするのですが、未だリリースされず、リリース日も発表されていない状況。
しかし、同EPからは他にも「Fendi ft. K$upreme & Okasian」のMVを公開しています。
こちらは度々Lil YachtyとコラボレートしているK$upremeと、The Cohortの人気ラッパーにして、昨年初来日も果たしているOkasianを招いた一曲。終始低空浮遊気味の不穏なフロウが心地よい一曲。

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

Hard To ExplainでDJやVJをやったりフリーのライターだったり。おもしろい音楽を求めて日々彷徨っています。お酒を飲んだ翌日はよく反省しています。 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes