Best Tracks of 2013

Jun Hayashi

Best Tracks of 2013 / Jun Hayashi
Jun Hayashiが選ぶ、2013年ベストトラックの5曲!

こんばんはJunです!Spincoasterのキュレーターが選んだ「2013年ベストトラック上位5曲」を毎日投稿してきましたが今回でラストです。

“心が震えるような音楽との出逢いを”
というコンセプトの元、Spincoasterを運営してきて特に自分の心が震えたのは以下の5曲でした。
ここで紹介する音楽が、皆さんの心も震わせることができたら幸いです。それではどうぞ!

【No.5】Eliza Doolittle / Big When I Was Little

ロンドン生まれ、現在25歳のシンガーソングライターELIZA DOOLITTLEの1stシングル。
個人的に2013年踊れるポップソングNO.1はこの曲!


【No.4】Summer Camp / Fresh

London発の2人組バンドSummer Camp。
キラキラとした甘美なメロディーと、心揺らすダンサブルなビートが絶妙にブレンドしていて心に染みます!
現在来日実現に向けてaliveというサービスで企画進行中です。(現在あと22名で達成なので、気に入ったら是非ライブもどうぞ)


【No.3】M+A / When

イタリアのフォルリ出身の2人組エレクトロポップデュオ。
Phoenixを彷彿させる洗練されたポップ・サウンドが心地良いです!


【No.2】Skream / Rollercoaster ft. Sam Frank

UKの新世代ダブステップ・シーンにおける最重要人物とまで言われたスクリーム。
ディスコ調の疾走感あるメロディーに心が躍らされます!


【No.1】Atlas Genius / If So

オーストラリア・アデレード出身のロックバンド、Atlas Genius(アトラス・ジーニアス)。
今年オースティンで行われたSXSWという音楽フェスで心を奪われ、今年最も多く聴いたのは間違いなくこの曲です!


以上Spincaosterの「Best Tracks of 2013」はいかがでしたでしょうか?
個人的にはキュレーターそれぞれの個性や味が出ていて良い企画になったのではないかと思っております。

Spincaosterは今年の8月に自分1人でスタートしましたが、
そこからコンセプトや想いに共感してくれたメンバーが次々と集まり、現在総勢13名で運用しています。(メンバー一覧
サービスが開始してまだ間もないですが、著名人の方に取り上げて頂いたり、自分1人では成し得なかったことが次々と起こり、Spincaosterが音楽メディアとして存在感を発揮してきていることを日々実感しています。これもひとえに皆様の協力があってこそだと思います。本当に感謝してます!

来年は今年以上にサービスを加速させていく為にさらに仕掛けていく予定です。
是非今後の展開を楽しみにして頂ければと思います!

それでは最後になりましたが、
来年も引き続きよろしくお願い致します!

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。