Best Tracks of 2013 / Kohei Nojima
今年も様々な音楽メディアから2013年の年間ランキングが発表されていますが、Spincoasterもやります!本日よりそれぞれのキュレーターが選んだ「2013年のベストトラック上位... Read More

今年も様々な音楽メディアから2013年の年間ランキングが発表されていますが、Spincoasterもやります!本日よりそれぞれのキュレーターが選んだ「2013年のベストトラック上位5曲」を順次公開して行きます。年末年始にぜひ、ゆっくりチェックしてみてください。
初回はPOP担当を自負しているNojimaです。「2013年にデビューしたアーティストの楽曲」もしくは「2013年に1stフルアルバムをリリースした楽曲」という縛りを勝手に課して、選出してみました。それではどうぞ。

【No.5】NONONO / Pumpin Blood


スウェーデン出身のインディー・ポップ・グループのNONONOのデビュー・シングル。
世界中のCMで活用されたのも納得のキャッチーさ。ポップだけど、新しさもあってすごく良いです。これは本当に何度も聴きました。
“Pumpin BloodのDLはこちら”


【No.4】Peace / Lovesick


2013年期待の新人ロックバンドとして注目を浴びたPeace。この曲が収録されている『In Love』は今年かなり聴いたアルバムのひとつです。グランジィであったり、キラキラしていたり、ダンサブルであったり、サイケデリックであったり、ダークであったり。UKのインディーロックの良さがこのアルバムには詰まってると思います。なんだかんだで彼らのアンセムであるこの曲がアルバムの中で一番好きです。
“LovesickのDLはこちら”


【No.3】Shiggy Jr. / Saturday night to Sunday morning

この曲は以前にもSpincoasterで紹介していますし、各所でShiggy Jr.については素晴らしいレビューが読めますので細かい解説は省きますが、MVも含めて今年、自分を1番楽しませてくれた曲は間違いなくこの曲です。この曲、ミスチルのTomorrow Never Knowsのイントロとコード進行が多分同じなんですけど、このバンドはそういうJ-POPの良いところを取り入れつつ、自分たちの色に昇華するセンスが抜群にいいなと思います。つまり多くの人に届けられるポテンシャルがあるということ。来年はさらなる飛躍の予感。今後も注目して行きたいバンドです。
“Saturday Night to Sunday MorningのDLはこちら”


【No.2】Wild Cub / Thunder Clatter


アメリカ・ナッシュビル出身の5人組Wild Cubのシングル曲。この曲のイントロを初めて聴いた時、ワクワクが止まらなかったことを覚えています。キラキラとしたジングルと手拍子から始まり、高揚感高まるコーラス、そしてノスタルジックなギターのフレーズと4つ打ちのリズムが展開されるという大好きな流れ。一発でやられました。(動画の公開は去年ですがリリースは2013年というとで…)
”Thunder Clatter”のDLはこちら


【No.1】 Carousel / Into The Night

こちらの楽曲も以前に紹介しましたが、文句なしの1位です。疾走感と浮遊感と高揚感を兼ね揃えた完璧なエレクトロ・ダンス・ポップ!最高です!CarouselはSpincoasterでも2回紹介するくらい、2013年一番ハマったアーティスト。2014年にフルアルバムの発売と初来日が実現することを切に願っております。
“Into the NightはDLこちら”


こうやって聴いてみるとイントロで「ハッ」とさせられる曲が多い気がします。
もし、この中で気に入った曲がありましたら私の過去の選曲も、もう一度チェックしてみてください。それでは良いお年を!

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。