Rootscoaster Vol. 143

Theo Hutchcraft (Hurts)

美しきエレクトロ・ポップ・デュオ、Hurts。その耽美な世界観はどのようにして生まれるのか。ボーカル・Theoが自身のルーツを語る

英マンチェスター発のエレクトロ・ポップ・デュオ、Hurts(ハーツ)が先月1月29日にマイナビBLITZ赤坂にておよそ7年ぶりとなる単独来日公演を開催した。

本公演は昨年リリースされた4thアルバム『Desire(邦題:デザイア~衝動~)』(国内盤は今年1月リリース)を引っさげての開催となり、ボーカルのTheoとAdam(ピアノ、ギター)に加え、ドラム、ベース、キーボード、そして女性コーラス2人を引き連れたバンド編成でダイナミックなサウンドを披露。久方ぶりの来日を祝うべく集まった多くのオーディエンスを魅了した。

今回はそんなHurtsのボーカルを務めるTheo HutchcraftがRootscoasterに登場。自身のルーツを語ってくれることになった。その耽美かつ独自の美意識に裏付けされたサウンドを形作っているであろう3曲を、本人のコメントともに楽しんでもらえたら幸いだ。

Text By Spincoaster
Live Photo By YOSHIAKI KAYAKI



1. Radiohead / Paranoid Android

『OK Computer』は生まれて初めて買ったアルバムなんだ。ものすごい衝撃を受けたよ。それまで音楽に対して興味を持ったことがなかったんだけど、このアルバムを聴いて稲妻に打たれたような感じだった。ミュージシャンになりたいと思わせてくれた。この曲を選んだのは、このアルバムの代表曲だからだ。この曲はとても凝っていてまるで異世界のようだけど、同時にとてもエモーショナルなんだ。他の曲も同様にね。


2. Depeche Mode / Never let me down again

Depeche Modeは電子楽器を壮大なスケールでエモーショナルに奏でている。僕らの最も好きなバンドだし、曲作りにおいてとても影響を受けた。この楽曲は、バンドにおいて最も野心的でアンセミックな曲だ。とてもパワフルで感動的な曲だと思う。


3. Kanye West / Runaway

彼のアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』は、最も好きなアルバム作品のうちのひとつだ。本当は全曲好きだよ。このアルバムがリリースされた時、その革新性にとても驚いた。幾重ものテクスチャーと色があるんだ。非常にコンセプトとして優れてる。「Runaway」はこのアルバムの独創性を体現している数多くの収録楽曲のうちのひとつだ。


Message

実は今回の来日前にプライベートで日本を訪れる機会があって、それが本当に素晴らしい体験だったんだ。国中を旅して、たくさんの素晴らしい人たちに出会い、日本の全部が大好きになってしまったよ。だから今回こうして再び日本に来て、ライブをする機会を与えてくれた日本のファンのみんなにはすごく感謝してる。来日する度に、最高のおもてなしをしてくれてありがとう。マイナビBLITZ赤坂のライブでは、お客さんが情熱的に盛り上がってくれて、素晴らしかった。また早く日本に戻ってきたいよ! 日本を愛してるんだ!


Profile

■Live Dates:http://www.informationhurts.com/

■Videos:https://www.youtube.com/user/HurtsVEVO

■Website:http://www.informationhurts.com/

■Facebook:https://www.facebook.com/hurts

■Follow Adam:
Twitter:https://twitter.com/AdamHurts
Instagram:https://www.instagram.com/adamhurts

■Follow Theo:
Twitter:https://twitter.com/theohurts
Instagram:https://www.instagram.com/theohurts


【リリース情報】

Hurts 『Desire』(邦題:デザイア~衝動~)
Release Date:2018.01.24 (Wed.)
Cat.No.:SICP-5657
Price:¥2,200円+Tax
Tracklist:
1. Beautiful Ones
2. Ready to Go
3. People Like Us
4. Something I Need to Know
5. Thinking of You
6. Wherever You Go
7. Chaperone
8. Boyfriend
9. Walk Away
10. Wait Up
11. Spotlights
12. Hold on to Me
13. Magnificent
14. Beautiful Ones (Accoustic )
15. Ready to Go (Live @ Deluxe Music Session)
16. Wonderful Life (Live @ Deluxe Music Session)

国内盤ボーナス・トラック3曲収録 歌詞・対訳・解説付き

■iTunes購入リンク:https://itunes.apple.com/jp/album/id1313481678?at=10lpgB&ct=886446864488_al&app=itunes

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。