RM

seoul (prod. HONNE)

RM / seoul (prod. HONNE)
BTS(防弾少年団)リーダーがソロ作を発表! HONNEとのコラボ曲をはじめ、内省的な雰囲気を湛えた異色の作品に

BTS(防弾少年団)のリーダー・RMが突如7曲入りのソロ作品(アルバム? ミックステープ? プレイリスト?)『mono.』を発表。現在、SoundCloudやSpotifyなどで公開されているほか、オフィシャルのTwitterアカウントや、YouTubeにUPされた収録曲「forever rain」のMV詳細欄などにて、フリーDLできるリンクが掲載されています。

米ビルボード・チャートで1位を複数回記録、イギリスはロンドンのO2アリーナ公演も完売、その他86カ国のiTune Storeで1位を記録するなど、異例の記録を次々と打ち立て、“21世紀のビートルズ”とも称されているBTS。先日Tempalayの新作ミニ・アルバム『なんて素晴らしき世界』のリード曲「どうしよう」をTwitterにて紹介(画像投稿)したことで、国内インディ・リスナーの間でも大きな話題となったことも記憶に新しいです。

本作は、RM(Rap Monster)のソロ作としては2015年発表のミックステープ『RM』以来の作品。全体的に内省的というか、パーソナルな質感を感じさせる作品となっており、何と前々からコラボを匂わせていたUKはロンドンのデュオ、HONNEとのコラボ曲も収録されています。

「seoul」と名付けられた本楽曲は、控えめながらも跳ねるようなビートが近年再興の機運感じさせるニュー・ジャック・スウィング的要素を感じさせつつも、アゲ過ぎないメロウなテンション感や、シルキーな音像にはHONNEのカラーが色濃く反映されているような気がします。また、薄っすらとオートチューンのようなエフェクトがかけられたボーカル(コーラス)・プロダクションからも、トレンドを掬い上げる器用さを感じさせます。

また、本作からは先述の通り「forever rain」のMVが公開されています。アトモスフェリックなトラックや低空飛行するメロディアスなフロウ。そしてエレキ・ギターやストリングスが演出するエモーショナルな世界観は、急逝したXXXTentacionやLil Peepといった、USの内省的でダークなヒップホップとも共鳴するかのよう。

世界中を虜にする大スターでありながら、先鋭的な音楽性を擁するだけでなく、今回のように作品をフリーDLで公開するなど、フットワークの軽さも見せつけるBTS。今後も彼らの規格外の活躍に期待したいです。

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

情報時代の野蛮人です 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes