REPORT

Spotify Early Noise Night #6

初の大阪開催となった“Spotify Early Noise Night”。向井太一、あっこゴリラ、SIRUPら6組による熱量高いライブ・パフォーマンスをレポート

Spotifyがプッシュする旬のアーティストが集うイベント、“Early Noise Night”の第6回目が6月15日(金)に開催された。

同名の人気プレイリストと連動し、これからの活躍が期待できる気鋭の国内ニューカマーたちをより広い世間へと知らしめることを目的とした本イベントは、毎回入場料が1000円という敷居の低さも相まり、毎回若い音楽リスナーを中心に注目を集めている。今回は初の大阪、初のオールナイト開催。SIRUP、the engy、Attractions、向井太一、あっこゴリラ、AFRICAのライブ・アクト6組に加え、関西を中心にインディ・リスナーからの信頼の厚いレコード・ショップ、FLAKE RECORDSのDAWAがDJに、そしてMCにはFM802の河嶋奈津実、大抜卓人を迎え、濃厚な一夜を演出してくれた。

Text by Takazumi Hosaka
Photo:SIRUP – Satoshi Imamura / Other – Mizuki Takemoto


 SIRUP

DAWAのアナログを中心としたDJの後、この日の1番手として登場したのはSIRUP。元々大阪出身ということもあり、この日は彼自身も籍を置くクルー・Soulflexの面々をバックに従えバンド・セットを披露。もはや盤石の出だしとも言える「Synapse」で幕を開け、バンド・メンバーとの阿吽の呼吸で次々と人気楽曲を披露。終盤にプレイされた新曲「Do Well」はファンキーなディスコ調ともいえるナンバーで、これからのSIRUPの新たなアンセムとして定着する可能性も感じさせてくれた。時にはフルートやサックスまでをも取り入れた生音中心のバンド・サウンドが生み出すグルーヴに、会場のオーディエンスも気持ちよさそうに体を揺らす。最後はSIRUPのディスコグラフィー上、Spotify上で最も再生されているという「SWIM」で幕を閉じた。

■SIRUP SET LIST
01. Synapse
02. Last Lover
03. LOOP
04. 一瞬
05. Do Well
06. SWIM


 the engy

2番手として登場したのは、京都を拠点とする4人組バンド、the engy。昨年リリースの1st EP『the engy』収録曲でもあり、今年5月にリリースされたばかりの7インチ『Say it』にもカップリングされている「She makes me wonder」を挨拶代わりにプレイ。重心の低い骨太なグルーヴが会場を包み込む。テンポはゆったり目ながらも、その演奏の奥底からは確かな熱量が伝わってくる。ボーカル・山路のパフォーマンスも堂々たるもので、時にギターを奏でながら、そして時にはハンド・マイクでオーディエンスを煽る。ブラック・ミュージックからの強い影響を感じさせるサウンドながらも、安易なわかりやすさ、華やかさには走らない、その硬派な姿勢に魅了されたオーディエンスも少なくないはずだ。

■the engy SET LIST
01. She makes me wonder
02. Stay where you are
03. Say it
04. Holding you down
05. Empty space
06. Headphones


 Attractions

続いてステージに表れたのは、福岡発の5人組バンド、Attractions。彼らも変化球や奇を衒った演出などはなく、ダンサブルかつタイトなバンド・サウンドで一気に会場の空気を掌握していく。00年代以降のUK、USインディ・ロック的なサウンドを軸としながらも、エレクトロニックな路線や直球のロック・ナンバーなど、自由に行き来するその横断的なセンスはまさしく今日的。また、英詞の発音も滑らかなボーカル・TAROの立ち居振る舞いも実に華やかで、その自由に音楽を楽しむ姿勢はオーディエンスへも伝播していく。リリースされたばかりの「Leilah」や昨年発表された「Knock Away」といったアンセミックなナンバーを次々と披露していくAttractions。「11歳の時に日本に来て。全然友達もいなくて、その時一緒にいてくれたのは音楽でした」と、インドネシア出身だというTAROが自身の出自、そして音楽を通じて仲間ができたことを語り、最後は「Escapist」で感動的に締めくくった。

■Attractions SET LIST
01. Baby Relax
02. Twilight
03. Leilah
04. Hazy Boy
05. Knock Away
06. Escapist


 向井太一

「Galaxy Note8」のCMソングにも起用された「FREER」のイントロと共に颯爽と登場した向井太一は、“Spotify Early Noise Night”へは2度めの出演となる。続いて2曲目にはKai Takahashiがプロデュースを手がけた「FLY」を披露し、会場のボルテージを一気に上げていく。今回はミニマムな編成ながらも、向井の歌声、そして表現力豊かなパフォーマンスはこれまで以上。すでに時計の針は深夜を指していたが、オーディエンスも待ってましたと言わんばかりのリアクションで応えていた。「眠らない街」、「SLOW DOWN」でメロウな側面を出しつつも「Great Yard」から再びジワジワと高揚感を煽っていく。リリースされたばかりのtofubeatsプロデュース曲「Siren」、そして最後はポジティブなヴァイブスに溢れた「空」でこの日何度目かの大団円を演出してくれた。

■向井太一 SET LIST
01. FREER
02. FLY
03. 眠らない街
04. SLOW DOWN
05. Great Yard
06. Siren
07. 空


 あっこゴリラ

NirvanaをSEに、ショッピング・カートに乗せられて登場したあっこゴリラは、何と左足を骨折中。脚立によじ登ると「あっこゴリラです。足折りました。大阪のみんな調子どうですか〜!」とMC。会場もボリューム・マックスな歓声でこれに応える。お馴染みのバック・バンド、BNNZのソリッドな演奏の上で、負傷を全く感じさせないタイトなラップを次々と披露していく。「電光石火」では鉄板のオーディエンスとの掛け合いを披露し、SpotifyのTV CMにも起用された「ゲリラ」では向井太一とのコラボレーションを披露。もはや名物化しているバンド・メンバーのラップも挟みつつ、メジャー“再”デビュー曲となった「余裕」、ジェンダーへの言及が実に彼女らしい永原真夏とのコラボ曲「ウルトラジェンダー」で駆け抜けるように出番を終えた。

■あっこゴリラ SET LIST
01. 地球の歩きかた
02. TOKYO BANANA~TOKYO BANANA 2018
03. 電光石火
04. ゲリラ
05. 余裕
06. ウルトラジェンダー


 AFRICA

そしてもはや明け方。この日のトリを務めたのは、関西シーンの注目株であり、7月にミニ・アルバム『砂漠の恋人たち』のリリースを控えるAFRICA。日本語の響きを大切にしたかのような、朴訥としたボーカルとスケールの大きいバンド・サウンドは、どこまでも情景描写豊か。まるで大阪・心斎橋の繁華街にいることを忘れ去ってしまうかのような、そんなエスケーピズムを感じさせてくれた。風通しのいい軽快なロック・ナンバーで、オーディエンスを心地よく踊らせながらも、MCでは尊敬するScoobie Doのグッズを紹介するなどして会場の笑いを誘う。最後は昨年MVが公開され、新作にも収録予定の「よろこびのわ」をプレイ。壮大な大自然を想起させるそのサウンド・スケープは、朝日が顔を覗き始めてきた朝方を締め括るに相応しいナンバーで、会場は多幸感に満ち溢れていた。

■AFRICA SET LIST
01. 翌朝
02. サマータイム
03. BOY
04. WONDER WONDER
05. アテナ
06. よろこびのわ



なお、“Early Noise Night”は早くも次回の開催も発表されている。開催地は再び東京へと戻り、7月18日(水)に代官山SPACE ODDにて行われる。出演アクトはTENDOUJI、SUSHIBOYS、Newspeak、THREE1989の4組がラインナップ。他のイベントでは中々交わりそうにない並びが実現するのも本イベントの特色のひとつと言えるだろう。今回もチケットはもちろん1000円と破格の設定なので、気になる方はお早めのチェックを。


【イベント情報】

“Spotify Early Noise Night #7”
日時:2018年7月18日(水) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京・代官山SPACE ODD
料金:¥1000 (1D代別)
出演:
TENDOUJI
SUSHIBOYS
Newspeak
THREE1989

[主催]
Spotify

[共催]
イープラス

[制作]
CREATIVEMAN PRODUCTIONS

[OFFICIAL MEDIA]
Spincoaster

[問合せ]
SPACE ODD : 03-6452-5671 / spaceodd-info@spaceodd.jp

*出演者のキャンセル・変更によるチケットの払い戻しはいたしません。予めご了承ください。
*未就学児入場不可 / 営利目的の転売禁止。
*イープラス「スマチケ」のみでの販売になります。
*前売りチケットがSOLD OUTになった際、当日券販売はございません。
*チケット発売:2018年6月16日(土) 10:00
スマチケ URL:http://eplus.jp/enn/

過去の出演者
#1…WONK、RIRI、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB
#2…向井太一、大比良瑞希、chelmico
#3…CHAI、TOKYO HEALTH CLUB、あいみょん
#4…STUTS、JJJ、CHICO CARLITO、MIYACHl、DJ YonYon、MC 鈴木真海子 (chelmico)
#5…カネコアヤノ (BAND SET)、SPiCYSOL、羊文学、ドミコ

■公演詳細:https://www.creativeman.co.jp/event/senn07/

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。