Super VHS、4年ぶり新作『Theoria』より「marine」MV公開 監督は関山雄太

東京を拠点に活動するバンド、Super VHSが12月4日(水)にリリースしたおよそ4年ぶりの2ndアルバム『Theoria』より、「marine」のMVが公開された。

MVはミツメやKeishi Tanakaらの諸作品でも知られる関山雄太がディレクションを担当。ローファイでキッチュで懐かしい質感をもった映像作品に仕上がっている。なお、同作からは同じく関山雄太が手がけた注目の宅録音楽家・tamao ninomiyaをボーカルに迎えた「shipbuilding」のMVも公開されている。

カバー・アートワークのイラストにわたせせいぞう、ゲスト・ボーカルにMei Eharaを迎え、4月にリリースしたシングル『魚の恋』でも注目を集めた入岡佑樹主宰のSuper VHS。本作『Theoria』は全編においてこだわりぬいた実機のシンセサイザーを使用し、80’sの和モノやニューウェイヴへの深い愛情と造詣を感じさせながらも、ヴェイパーウェイブ/ニューエイジ・リバイバル以後の感性や視点で丁寧につづられた楽曲群が収録されている。


【リリース情報】

Super VHS 『Theoria』
Release Date:2019.12.04 (Wed.)
Label:NEW FOLK / Mastard Records
Tracklist:
01. theoria
02. marine
03. love supreme
04. soundimage01        
05. shipbuilding
06.soundimage02
07. lipstick
08. miracle 
09.soundimage03
10.alpha centauri

■Super VHS:Twitter / tumblr