SATOH、改名後初となるEP『Skyrocket』本日リリース ハイパーポップ的アプローチをさらに昇華

東京を拠点にコレクティブ〈2021survive〉の中心として活動するSATOH(fka. S亜TOH)が改名後初となるEP『Skyrocket』を本日10月13日(水)にリリースした。

これまで2010年代のいわゆる邦ロックやオルタナティブ・ヒップホップの影響を受けながら、ハイパーポップ的楽曲をリリースしてきたSATOH。今作では追求してきたハイパーポップ的なアプローチをさらに昇華。プレスリリースによると、“目に見える居場所がないユースの2021年版ポップス”だという。

リード曲である「Fuse」はSATOH主催のリミテッド・パーティ『FLAG』で披露され、当時未発表だったにも関わらずフロアでは大きなシンガロングが起きるなどすでにサポーター間ではアンセム化されている1曲だという。他3曲も共通する爽快感、突き抜け感を持ち、クラブのフロアからカー・ステレオまで様々なシチュエーションでエナジー・ドリンクのよう場の空気をプッシュしスイッチを入れるような作品となっている。

カバー・アートワークはSATOHのLINNA FIGGが参加したプロジェクト、Yung KissのMVも複数手がける写真家/映像作家・Daikichi Kawazumiが担当。EPリリースの1週間後にはSATOHのアート・ディレクターを務めるShun Mayamaによる「Fuse」のMVも公開予定だという。


【リリース情報】

SATOH 『Skyrocket』
Release Date:2021.10.13 (Wed.)
Label:2021survive
Tracklist:
1. Gimme Fuckin’ Phonecall
2. ライド
3. Big Man
4. Fuse

■SATOH:Instagram / Twitter