maco marets、レーベル立ち上げ&2年半ぶり2ndアルバム『KINŌ』を11月リリース

東京を拠点とするラッパー・maco marets(マコ・マレッツ)が11月7日(水)に2ndアルバム『KINŌ』をリリースすることが発表された。

2016年6月にLUCKY TAPES、DATS、TENDRE、YeYeといったアーティストを擁する金沢発のレーベル〈rallye label〉から1stアルバム『Orang.Pendek』をリリースしたmaco marets。当時20歳という若さながら、東里起(Small CIrcle of Friends / Studio75)をプロデューサーに迎えて制作されたスモーキーなサウンドに、タイトかつ柔らかなラップをのせた楽曲が高い評価を集めた。

限定EPや配信シングル、Rick Novaとのコラボ12インチ作、客演作品などを挟み、今回およそ2年半ぶりのリリースとなる本作は、自らが立ち上げたセルフ・レーベル〈Woodlands Circle〉からのリリース第一弾。

前作から引き続き、トラックメイクを含むトータル・プロダクションは東里起が担当。サンプリングを中心としながらも、若手バンド、メロウ・イエロー・バナナムーンのGt.宮田泰輔の演奏を取り入れた楽曲(「Summerluck」を含む3曲に参加)や、トラップ調の楽曲「Click It, Freeze It」など、前作にはなかった要素も積極的に取り入れた全11曲が揃っている。

また、少し捻くれた茶目っ気を滲ませる内省的な詩世界は、タイトルの『KINŌ(=昨日)』が示す通り、「過ぎ去っていくもの、過ぎ去ったものをそっと振り返るような感覚」をテーマに制作されたという。アルバムのラストを飾る楽曲「Who You Are」には下北沢を中心に浮(ぶい)という名義でも活動している女性シンガー・Misa Yoneyamaを起用している。

アルバムのジャケット・デザインは、グラフィックとイラストの両軸でショップ・ロゴや雑誌/書籍の挿し絵、WEBデザインなど幅広く活動中の若手デザイナー・Yunosukeによるもの。

さらに、今回のリリース発表と同時にNYで撮影された「Click It, Freeze It」のMVが公開された。その大半を手がけているのは、「ストリート・カルチャーとテクノロジーの融合」をテーマに活動するテクノロジスト集団、CITY & DOTSのMasaki Ueda。

なお、本日9月19日(水)よりアルバムから先立って発表されていた「Hum!」「Amazing Season」「Summerluck」、そして「Click It, Freeze It」の合計4曲の先行配信もスタートした。

11月10日(土)には、中目黒solfaにて本作のリリース・パーティの開催も決定。共演者などの発表後日を予定しているとのこと。


【リリース情報】

maco marets 『KINŌ』
Release Date:2018.11.07 (Wed.)
Label:Woodlands Circle
Cat.No.:WLCCD-001
Price:¥2,400 + Tax
Tracklist:
01. morning calls
02. Hum! *
03. Deadbody
04. Amazing Season *
05. Click It, Freeze It *
06. Sparkle
07. blank form
08. Eyepatch
09. Summerluck *
10. Poodles
11. Who You Are (ft. Misa Yoneyama)

*は9月19日(水)より各ストアにて先行配信

■maco marets Twitter / Instagram / YouTube