台湾出身のSSW・林以樂、新作7インチで大瀧詠一「夢で逢えたら」中国語カバー

台湾のSSW、林以樂(リン・イーラー)が新作7インチ・シングル『相約夢境 / 你不只是一個普通的朋友』を5月13日(水)にリリースする。

シティ・ポップ・バンド、雀斑frecklesにて作曲とボーカルを担当するほか、2012年にソロ・プロジェクト・SKIP SKIP BEN BEN名義で『Sacrifice Mountain Hills』をリリース、2013年にはMy Bloody Valentineの台北公演のオープニング・アクトを務めた林以樂。2017年には〈BIG ROMANTIC RECORDS〉から雀斑frecklesのフル・アルバム『IMPERFECT LOVER / 不標準情人』をリリースするなど、ポップスからシューゲイザーまで、ジャンルに捉われない音楽性を武器に世界を股に活躍している。また、2019年からは本名の林以樂名義でもリリースやライブ活動を行っている。

本作のA面「相約夢境」は、大瀧詠一のスタンダード「夢で逢えたら」の中国語カバー。Phil Spectorから大瀧詠一へと受け継がれたウォール・オブ・サウンドへの、2020年の挑戦とも言える本作。プロデュースは岸野雄一&ゲイリー芦屋のヒゲの未亡人コンビが手がけている。なお、B面にはヒゲの未亡人「お友達でいましょうよ」の中国語カバー「你不只是一個普通的朋友」が収録される。


【リリース情報】

林以樂 『相約夢境 / 你不只是一個普通的朋友』
Release Date:2020.05.13 (Wed.)
Label:Out One Disc
Tracklist:
A1. 相約夢境(夢で逢えたら)
B1. 你不只是一個普通的朋友(お友達でいましょうよ)

※7インチ・シングル

■林以樂:Twitter / Instagram