ドキュメンタリー番組『未知との対話』にコムアイ出演 光と音のない世界から生まれる対話を巡る

2月24日(土)14時15分からテレビ熊本にてオンエアされるのを皮切りに、全国5局で放送される75分のドキュメンタリー番組『未知との対話』に、水曜日のカンパネラのコムアイが出演することが発表された。

「高校生くらいの時にまわりで流行ってて、絶対行った方がいいって言われてたんです」。そう語るコムアイが向かう先は、真っ暗闇の空間の中で、日常生活の様々な事柄を、聴覚や嗅覚など、視覚以外の感覚を使って体験するエンターテイメント、“ダイアログ・イン・ザ・ダーク”。ライブで光の演出を意識的に使うコムアイが、光のない世界だからこそ気付いたことを語る。

番組では、熊本県立盲学校と第二高校の生徒たちの交流を目的に開催された“ダイアログ・イン・ザ・ダーク”の様子を撮影。そして、2017年の夏に日本で初開催された、音のない世界を次々と回っていくエンターテイメント、“ダイアログ・イン・サイレンス”の期間中と、アテンドたちのその後を追い掛けています。

番組のナレーションは、ジャーナリストの堀潤が担当。ディレクターを務めたのは、ドキュメンタリーの映像作家として目覚ましい活躍ぶりを見せる岩淵弘樹(映画『遭難フリーター』、映画『モッシュピット』)と、エリザベス宮地氏(『劇場版 其ノ灯、暮ラシ』、映画『ALL YOU NEED is PUNK and LOVE』)。そして、企画・プロデュースを、映画『アイスと雨音』のプロデューサーを務める阿部広太郎が行っている。



【番組情報】

『未知との対話』
出演:コムアイ(水曜日のカンパネラ)
ナレーション:堀潤
音楽:oono yuuki
ディレクター:岩淵弘樹、エリザベス宮地
企画・プロデュース:阿部広太郎(電通)

©テレビ熊本

■放送局・放送時間
テレビ熊本:2月24日(土)14時15分〜
テレビ西日本:2月24日(土)15時00分〜
フジテレビ:3月10日(土)27時00分〜
東海テレビ:3月13日(火)25時50分〜
関西テレビ:3月28日(水)26時55分〜

■特設サイト:http://michitonotaiwa.jp/