Nenashi

Lost in Translation

Nenashi / Lost in Translation
人種も国籍も不明の新人がMusic Bar Sessionに登場。いくつもの顔を持ち、様々な土地を渡り歩く“根無し草”、その正体やいかに

人種も国籍も不明の謎に包まれた新人、NenashiがMusic Bar Sessionに登場した。

Nenashiはmabanua、Kan Sano、Michael Kanekoらを擁する〈origami PRODUCTIONS〉から3月27日(水)にデビューしたばかりのニューカマー。シンガー/ラッパー/プロデューサー/トラックメイカーなど、いくつもの顔を持つという彼は、その名の通り、アメリカ、カナダ、ブラジル、バハマ、アルゼンチン、韓国、香港、日本、タイ、カザフスタン、フランス、イギリス、ドイツ、スイスなど、様々な国や地域を転々と旅する“根無し草”的な存在。Prince、D’ Angelo、Bilal、Earth, Wind & Fire、Michael Jackson、A Tribe Called Quest、Pharrellなどから特に影響を受け、多様なジャンルや世界の文化、宗教、価値観からインスピレーションを得ているという。

今回披露してくれたのは、デビュー・シングルの「Lost in Translation」。同楽曲のリリース時にはApple Musicの“今週のNEW ARTIST”にも選出されるなどして注目を集めたNenashi。今回の映像では、暗闇ではあるが初めて公の場にその姿を現したことになる。ファンクやR&Bを軸としながらも、どこか懐かしいようで新しい、まさに時代や地域性との紐付きを感じさせない“根無し草”的な楽曲となっている。透明感のあるNenashiのシルキー・ボイスに注目して視聴して頂きたい。

Text by RINJUN


【TOKYO SOUNDSとは】

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かした、以下の3つの機能を有している。

=======================================

①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、Instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/

=======================================

TOKYO SOUNDS オフィシャル・サイト

TOKYO SOUNDS Instagram

※撮影の様子など貴重な映像はインスタ・ストーリーで公開

TOKYO SOUNDS

TOKYO SOUNDS

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。https://tokyosounds.com/