Kan Sano

DT pt.2

Kan Sano / DT pt.2
和製FKJ!? Tom Mischにもその才能を認められたKan Sano。5つの楽器を自由自在に操る圧巻のセッション映像が公開!

都内を拠点に、シーンを問わずキーボーディストとして、またビートメイカー/プロデューサーとしてもマルチな才能を発揮するKan Sanoが、Music Bar Sessionに登場した。

Kan Sanoは11歳からピアノと作曲を独学で学び、16歳よりピアニストとして活動開始。高校卒業後に渡米し、バークリー音楽大学在学中に自らのバンドで“Monterey Jazz Festival”などへ出演を果たす。また、Chara、Twigyほか国内外の作品に多数参加し、2011年には『Fantastic Farewell』でソロ・アルバム・デビュー。2016年には青葉市子とのプロジェクトもスタートし、同年には七尾旅人、Michael Kanekoらを迎え、自身のボーカル曲も多数収録した3rdアルバム『k is s』でも高い評価を獲得した。

その後も様々なアーティストのプロデュース、リミックス、コラボ制作も行いながら、是枝裕和監督がエグゼクティブ・プロデューサーを務める映画『十年 Ten Years Japan』のエンディング・テーマやテレビ・ドラマ『僕たちがやりました』『dele』などの音楽も手がけ、多方面で活躍している。

さらに、Tom Mischが選曲しているSpotifyプレイリスト「real good shit」にも日本のアーティストで唯一選ばれており、世界の第一線で活躍するアーティストにもその才能を認められている。

今回のMusic Bar Sessionでは、現在制作中だというニュー・アルバムからの第一弾シングル「DT pt.2」を演奏。

フェンダー・ローズ・ピアノやシンセサイザーはもちろん、ギター、ベース、ドラム、トランペットを全てひとりで演奏しており、複数の楽器を自在に操るフランスのビートメイカー、FKJをも彷彿させられるパフォーマンス映像となっている。特に終盤のシンセで畳み掛ける展開は圧巻なので、ぜひとも注目してご覧頂きたい。

Text by RINJUN


【リリース情報】

Kan Sano 『DT pt.2』
Release Date:2018.12.05 (Wed.)
Label:origami PRODUCTIONS
Tracklist:
1. DT pt.2

Kan Sano オフィシャル・サイト


【TOKYO SOUNDSとは】

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かし、以下の3つの機能を有している。

=======================================

①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/

=======================================

TOKYO SOUNDS オフィシャル・サイト

TOKYO SOUNDS instagram

※撮影の様子など貴重な映像はインスタストーリーで公開

TOKYO SOUNDS

TOKYO SOUNDS

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。https://tokyosounds.com/