LIZ

Last Call (Prod. by AObeats & Robokid)

LIZ / Last Call (Prod. by AObeats & Robokid)
〈動く城〉創設者+JC Chasezと手を組んだ新シングルはシンプルなガラージ・テイスト 。果たして、来年予定だという新作の方向性やいかに

これまでにWave RacerやRyan HemsworthにHoodboi、ノルウェーのRytmeklubbenなどとのコラボ作をリリースしてきたLIZが、新曲「Last Call」を11月16日(金)にリリースしました。

彼女がシーンに登場したのももはや5年ほど前。〈Mad Decent〉から登場した際はトラップ的なビートに90〜2000年代風のメロウなR&Bを組み合わせたサウンドを展開していましたが、その後はフューチャー・ベースやネット上を中心としたカルチャーとの邂逅を経つつ、いまいち方向性が定まっていないような印象も感じられました。

しかし、この度〈Moving Castle〉(動く城)のファウンダーであるAObeatsとRobokidを招いたシングルは、シンプルなガラージへと転向。元よりカワイイというよりは、艷やかな色気を感じさせる歌声を持っていただけに、かなりシックリくる一曲になっているのではないでしょうか。

Complexへ寄せたコメントによると、彼女の活動初期にプレイしたというガラージ、ハウスにもう一度立ち返りたかったのだそうな。さらに、本楽曲は*NSYNCのJC Chasezとの共作曲となっているようです。

LIZは今年、Wave Racerとの長らくリリースが待たれていたコラボ曲含む2曲入りシングル『Queen of Me / Could U Love Me』を1月に、そして4月にはアップビートかつドリーミー、それでいてどこか〈PC Music〉勢ともリンクする人工的な無機質感を感じさせる「Super Duper Nova」を、そしてバブルガム・ポップな「Pandemonium」を8月にそれぞれリリースしていますが、来年リリース予定だというミックステープは果たしてどのような方向性となるのか。楽しみに待ちたいと思います。

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

情報時代の野蛮人です 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes