Julia Wu

Dial Up

Julia Wu / Dial Up
RIRI × KEIJU × 小袋成彬「SUMMER TIME」カバーでも注目を集めたJulia Wuが登場。人気曲を貴重なピアノ弾き語りアレンジで披露!

現在は台湾を拠点に活動するオーストラリア出身の中国系シンガー、Julia WuがMusic Bar Sessionに登場した。

今夏発表された、シンガーのRIRI、KANDYTOWNのメンバーとしても活動するKEIJU、そしてロンドンに拠点を移した小袋成彬の3名によるコラボ・ソング「SUMMER TIME」のカバーでも大きな注目を集めたJulia WU・2018年には向井太一とのコラボ曲「FLY」、「Rendezvous」を発表するなど、日本でも着実に支持を獲得している。

「Dial Up」(撥接)は、元々は80年代〜90年代頃のニュー・ジャック・スウィングを大胆に取り入れたナンバー。今回のセッションではピアノのみの弾き語りスタイルで披露している。シンプルな構成故に、彼女の歌声やメロディの美しさをよりダイレクトに感じさせる内容となっている。

Text by Takazumi Hosaka


【TOKYO SOUNDSとは】

“表現者を繋ぎ、新たな価値を届ける”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かした、以下の3つの機能を有している。

=======================================

①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、Instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/

=======================================

TOKYO SOUNDS オフィシャル・サイト

TOKYO SOUNDS Twitter

TOKYO SOUNDS Instagram

※撮影の様子など貴重な映像はインスタ・ストーリーで公開

TOKYO SOUNDS

TOKYO SOUNDS

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。https://tokyosounds.com/