HIYUMO LEE

Memories

HIYUMO LEE / Memories
静かなる才能。東京藝大在籍の若きSSWによるアルバムから、幽玄かつエモーショナルなナンバーが「Moving Jaket」シリーズに登場

1999年生まれのSSW、HIYUMO LEE(ヒユモ・リー)が昨年12月にリリースしたアルバム『Fluid In Square』より、TOKYO SOUNDSの「Moving Jaket」シリーズの一環として「Memories」のオフィシャル・オーディオが公開されました。

東京藝術大学・音楽学部 音楽環境創造科に在籍しているというHIYUMO LEE。アルバム『Fluid In Square』は友人であり写真家の西木遼馬との展示『simulation ACT II ”Fluid In Square”』にて発表されたもの。同作はJames BlakeやFrancis and the Lightsを想起させるような、静謐
かつ幽玄なサウンド・エスケープが印象的な作品。基本的にミニマルにまとめられながらも、トラップから2ステップ、ブレイクビーツ的な要素まで感じさせる多彩なビート・パターン。また、ボーカルのエフェクトの掛け方も絶妙な塩梅、フロウからもヒップホップ、ラップを通過したセンスを感じさせます。

この度公開された「Memories」は、アルバムの最後に位置する1曲。5分を超える長めの楽曲ですが、ピアノを中心とした静かな展開からジワジワと高揚感を煽っていくナンバーとなっています。自らの喪失を感じさせる出だしから、自身の表現活動に対する後半部分まで、独白のようなリリックも胸に響きます。

SNSなどの更新も少なげで、寡黙なアーティスト像を感じさせるHIYUMO LEE。個人的に今後の活動にも期待したいです。


【リリース情報】

HIYUMO LEE 『Fluid In Square』
Release Date:2019.12.22 (Sun.)
Label:HIYUMOLEE
Tracklist:
01. Never To Have Been
02. In A Bus
03. Sorry
04. Debt
05. Memories

■HIYUMO LEE:Twitter / Instagram / SoundCloud / Portfolio


【TOKYO SOUNDSとは】

“表現者を繋ぎ、新たな価値を届ける”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かした、以下の3つの機能を有している。

=======================================

①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、Instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/

=======================================

■TOKYO SOUNDS:オフィシャル・サイト / Twitter / Instagram

※撮影の様子など貴重な映像はインスタ・ストーリーで公開

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

情報時代の野蛮人です 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes