eill

HUSH

eill / HUSH
2ndシングルは高橋海プロデュース! 突如シーンに躍り出た新鋭・eillは国内シーンのダークホースとなるか

東京出身、ミレニアル世代のSSW・eillが7月18日(水)にニュー・シングル「HUSH」をリリースした。

15歳からジャズ・バーで歌い始め、同時期から作曲も始めるようになったというeill。2017年、まだ高校生出会ったにもかかわらず、PAELLASのアルバム『Pressure』の収録曲「P house」にてフィーチャリング参加(当時はENNE名義にて活動)。さらに、韓国ヒップホップ・シーンで活躍するアーティスト、RHEEHAB、OCEANとのコラボ曲「721(RHEEHAB+COCEAN)」を発表するなど、幅広い活動ぶりをみせている。

また、5月に公開された、PEACH JOHNのCMでは、Seihoによる楽曲に歌唱参加も果たしている。6月にリリースしたデビュー曲「MAKUAKE」では、「Apple Musicの今週のニュー・アーティスト」にも選出された。

そんな彼女の2ndシングルとなる本作は、LUCKY TAPESの高橋海プロデュースによる楽曲。浮遊感のあるドリーミーなシンセと、随所に挟み込まれるボイス・サンプルが幻想的な世界観を演出。そこにeillの艷やかなボーカルやギターやチョッパー・ベースがファンキーかつアーバンさをプラスする、メロウなポップ・ナンバー。

なお、タイトルの「HUSH」は「黙って」という意味を持ち、リリックはティーンエージャーが年上の男性に対して背伸びして歌うラブ・ソングとなっている。

さらに、本楽曲は9月中旬頃に7インチ・シングルとしてリリースされる。アナログ化に際して、カップリングには客演にKick a Showを招いたMONJOE from DATSによるリミックスが収録されることに。

(Text by Takazumi Hosaka)


【リリース情報】

eill 『HUSH』
Release Date:2018.07.18 (Wed.)
Tracklist:
1. HUSH

※配信

eill Twitter


【Tokyo Soundsとは】

国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを行うMIRRORがタッグを組み設立した、“新しい音楽の未来をつくる”ことを目的としたプロジェクト。

Tokyo SoundsはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かし、以下の3つの機能を有している。

=======================================

①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中
応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/
=======================================

TOKYO SOUNDS

TOKYO SOUNDS

国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立した、“新しい音楽の未来をつくる”ことを目的としたプロジェクト。https://tokyosounds.com/