Easy Life

Nightmares

Easy Life / Nightmares
UKから現れた5人組の放つ、中毒性溢れるクラフト感満載のサウンド。ネクスト Superorganismなるか!

UKはレスター出身の5人組バンド、Easy Lifeは昨年11月に〈Chess Club〉よりデビュー・シングル「Pockets」をリリース。その後も立て続けにEPやシングルをリリースし、人気を着実に付けてきた気鋭のニュー・カマー。

そんな彼らが、先月末に渾身のシングル「Nightmares」をリリース。これが途轍もなく素晴らしかったので、ちょっと時間が経ってしまいましたが、改めてここで紹介させてもらいます。

イントロから心地いいミドルテンポのヒップホップ・ビートに、レイドバック気味のコーラスがかかったギターが奏でるレトロなサウンドですでに心が鷲掴みにされます。さらに、これまたチープだけど温かみのあるトランペットの音色も刺さります。意外にも、この音色こそが楽曲の肝と行ってもいいかも。それがこの曲の中毒性を促進させているような気がします。

このトランペットは、メンバーたちのお気に入りであるDionne Warwickの「Loneliness Remembers (What Happiness Forgets)」(原曲はBurt Bacharach)からのサンプリングだそうです。この楽曲は、作曲面においても重要な作品だったようです。

また、去年のデビュー・シングルから1年も経たないうちに、人気番組『Later…with Jools Holland』にて同楽曲を披露し、TVデビューを飾ったのも驚き。個人的に、Easy Lifeは今後第二のSuperorganismのようなバンドになるような気もしています。


Takashi Komine

Curator & Interviewer

Takashi Komine

主に洋楽の新人アーティストの中でも上質なアーティストをお届けします。音楽の泥沼にハマったどこにでもいそうな青年。 【影響を受けたアーティスト】 Yuck、Rage Against The Machine、The Strokes