Best Tracks Of 2017

oden

キュレーター・odenによる2017年の年間ベスト・トラック!

今年は就職先が決まり、最後の学生生活を堪能するべく遊びまくる……予定だったのですが、蓋を開けてみれば研修やら卒論やらバイトやらで思ったより遊べてない2017年。果てさて、来年は社会人一年目ということで、音楽を聴く時間やライブなどへ足を運ぶ機会はどうなってしまうのでしょうか。絶対に絶対に一人暮らししたい!


5. ぼくのりりっくのぼうよみ /「罠 featuring SOIL&”PIMP”SESSIONS

ぼくりり3rdアルバム『Fruits Decaying』からのリード曲は、まさかのSOIL&”PIMP”SESSIONSとコラボし、まさかのスウィング・ジャズ風味のサウンドに。ウネるウッドベースが妖艶な色気を醸し出し、ぼくりりくんの歌声もいつもより色気ムンムン。彼の懐の広さを改めて感じさせてくれた一曲です。


4. あっこゴリラ / ゲリラ × 向井太一

関連記事:あっこゴリラ / ゲリラ × 向井太一

あっこゴリラと向井太一、そしてプロデュースはなんとPARKGOLFという3人の気鋭のアーティスト同士のよるコラボ作。ただただ音楽に魅了された幼少時代の経験、想いをゲリラ豪雨という自然現象に例えたエモーショナルなリリックにガツンとやられました。もちろん向井太一の甘美なボーカルやPARKGOLFによるジャングルを想起させるようなトロピカルなトラックも最高です。


3. NOT WONK / Of Reality

関連記事:NOT WONK / Of Reality

北海道は苫小牧出身の3人組バンドが放ったこのシングル(『Penfield』EPからのリード曲)は、メロウな出だしと、サビでの疾走パートとの対比が素晴らしい一曲。彼らの新たな一面というか、新たな可能性が垣間見れたような気がして、ものすごく惹かれました。あと、どの曲にも言えることですが、彼らは本当にメロディ・センスが素晴らしい!


2. ミツメ / エスパー

関連記事:ミツメ / エスパー

「バンド史上最高のポップ・ソング」と謳われた新曲は、いつもの平熱のグルーヴを保ちながらも、優しいメロディがソッと聴く者に寄り添ってくれるかのようなナンバー。恋愛なのか、友情なのか、ふたりの人間の関係性について、何か物語性を感じさせるようなリリックも、どこかいつもよりも具体性を帯びているような気がします。果たしてこのシングルの後、次にミツメはどのような作品を発表してくれるのでしょうか。今から楽しみです。


1. 踊Foot Works / 夜の学校 Feat. もののあわい

関連記事:踊Foot Works / 夜の学校 Feat. もののあわい

今年、みるみるうちにブレイクしていった踊Foot Works。この曲は今年本当に何回も聴かせてもらいました。いつもスケジュールが合わず、ライブは一回しか観れてないのですが、彼らの才能、ポテンシャルはまだまだ一部しか表出していないのではないかと、個人的には思っています。きっとこれからもどんどん素晴らしい作品を発表してくれ、私たちを驚かせてくれるのではないでしょうか。そんな期待を勝手に寄せています……!


Comment

今年はこれまで以上に国内の音楽シーンを追いかけていたような気がします。今年もフレッシュな新人、ニュー・カマーがたくさんの良質な作品をリリースしてくれて、それらを追いかけるので精一杯でした。お陰様で洋楽はあまりチェックできていないので、来年はもっと洋楽もディグっていきたいと思います! 引き続き、国内の新人を中心にビビビッとなった音楽をピックアップしていければと思っていますので、よろしくお願い致します!


番外編 マイ・ベスト

【ベスト・グリーンカレー】

「代々木公園のタイフェスでのグリーンカレー」

今年5月頃に開催されたタイフェスで食べたグリーンカレー(と、ガパオ的なやつ)が美味しすぎて頭から離れないのですが、お店の名前などは忘れました(笑)。

■oden 過去記事:https://spincoaster.com/author/oden

oden

Curator

oden

ついにモラトリアムを卒業してしまった社会人一年目な神奈川県民(not YOKOHAMA)。音楽は浅く広く、邦楽も洋楽も色々聴きます。おでんとビールが好き。