Ama Lou

Tried Up

Ama Lou / Tried Up
ダークなビートを乗りこなす歌姫、Ama Lou。現行R&Bシーンの先頭を行くJorja SmithやKali Uchisに続く大型新人、現る

ノース・ロンドン出身、弱冠19歳のSSW・Ama Louが3月にリリースした3曲入りEP『DDD』。その作品全体を1本の映像で表現したオフィシャル・ビデオが公開された。

「Tried Up」、「Wrong Lesson」、「Wire」の3曲がシームレスに繋がる、映画仕立ての本作。主演&監督を彼女自身が務め、LAにて撮影を敢行したとのこと。視覚、聴覚、その両方に訴えかける、彼女の多彩なる才能を感じて欲しい。

カルフォルニアの砂漠地帯と晴れ渡った空の下、彼女の力強い歌声とシンプルなキーボードから始まる「Tried Up」。次第に顔を覗かせる、畝るような重低音を基調とした、ダークなサウンドで彼女は踊り始める……。現行のベース・ミュージックとも共鳴する音像で、まさしく現在進行系のR&Bを感じさせる一曲だ。

ビデオは80年代アメリカのクライム・ムービーやロード・ムービーなどをコンセプトとしており、その当時の車や小物、色遣いが綺麗に表現されている。最後の夕暮れ時のカルフォルニアの砂漠を颯爽と去り行くシーンは刹那的な感じとても印象的だ。

Ama Louは2017年のJorja Smithのツアーのサポートを務めていた実力者。その後は友人となり、現在ではプライベートでも親交があるそう。さらに、Drakeが先月末にリリースしたアルバム『Scorpion』について、様々な新人アーティストから影響を受けた作品であることを公言しているが、その内のひとりにAma Louの名を挙げていた。DrakeがどのようにしてAma Louを見つけたかについて、Ama Lou自身はインタビューにて以下のように語っている。

「おそらくJorja Smithを通して見つけたのだと思う。彼女が私のことをインスタにあげてくれて、その時には前作『More Life』にJorjaがすでに参加していたから。Drakeは日頃から新しい音楽を探してるから、この方法で彼は私のことを見つけたんだと思う」

盟友・Jorja Smithと共に、時代を彩るシンガーの仲間入りを果たす日も近いのではないか。才媛・Ama Louの今後の動向にぜひとも注目を。


【リリース情報】

Ama Lou 『DDD』
Release Date:2018.03.28 (Wed.)
Label:Ama Lou
Tracklist:
1. Tried Up
2. Wrong Lesson
3. Wire

Takashi Komine

Curator & Interviewer

Takashi Komine

主に洋楽の新人アーティストの中でも上質なアーティストをお届けします。音楽の泥沼にハマったどこにでもいそうな青年。 【影響を受けたアーティスト】 Yuck、Rage Against The Machine、The Strokes

RANKING