Mac Demarcoのバンド・メンバーである兄弟デュオ、Tonstartssbandhtのジャパン・ツアーが9月に開催!

Mac Demarco、Homeshakeとは地元カナダの親友同士であり、Mac Demarcoのバンド・メンバーでもあるAndy White、一昨年に同郷カナダの仲間であるHomeshake、Jerry Paperと共に来日を果たしたEolaのEdwin Whiteの兄弟ユニットであるTonstartssbandht(ターンスターツバンディット)の初来日公演が開催されることが決定した。

同じく地元カナダの友人であるJoshua Frank率いるエレクトロサイケデリックユニット、工工工(Gong Gong Gong0とともに、9月に中国、台湾、大阪、京都、東京を含めたアジア・ツアーを敢行する。

Tonstartssbandhtは2007年にカナダで結成し、Mac Demarcoと共に現在はニューヨークを活動の拠点に移し、マイペースな活動を続けている。
Pitchforkなどのメディアで数多くとりあげられており、Mac DemarcoはもちろんWalter TVなどの周辺バンドが好きな人は絶対にチェックしておくべき存在だ。

ともに来日する工工工(Gong Gong Gong)は、北京で活動中のカナダ人Joshと中国人Tomによるユニット。北京で初のレコード専門レーベルを設立するなど、北京の最先端アンダーグラウンドシーンを支える2人である。

ツアー最終日には恵比寿Baticaで”Rhyming Slang”に出演。東京公演はこの日一夜のみとなる。
サイケデリックSSWとして活躍中のSHOKOとBlissの2組と、都内でイベントを主宰する音楽/アート集団CLATがDJとして参加。ニューヨークと北京、東京の最先端のインディーシーンを体感できる夜になるだろう。


【イベント情報】

■”Rhyming Slang”
9/15thu at Ebisu Batica
Open/Start 7pm
Door:2,000yen(plus 1drink)

Act:
Tonstartssbandht(NYC)
工工工 gong gong gong
(北京)
SHOKO
Bliss

DJ :
-CLAT-
Sountrive
Takuya Asakura
Toitoi
Half Mile Beach Group

【Rhyming Slang info】
http://rhyming-slang.tumblr.com/

■ツアー情報
9/13 大阪・難波 Bears
9/14 京都 SOCRATES
9/15 東京・恵比寿Batica

■バンド・インフォメーション

Tonstartssbandht_photo

【Tonstartssbandht(ターンスターツバンディット)】

Tonstartssbandhtは、ミステリアスでグルービーなフロリダの兄弟 Andy WhiteとEdwin M. Whiteの2人組。美しいハーモニーのブギー・サイケ・ポップを鳴らす。神のパワーと能力により授けられた歌声、世界中の天使から歌い方を学ぶ。Andyのギターはアンチ悪魔崇拝者、身勝手な暴力への愛とバイブレーションを奏でる。Edwinは欲望への嫌悪を表現する荒々しいドラムパフォーマンスのきまぐれな仙人。
彼らが演奏するとその音は皆に響く。何があるなしは関係なく、全てが虚無に襲われても。土曜が日曜に変わってしまったとしても。日々は意味を失い、しかし生涯の友人を得るだろう。それがTonstartssbandht。素晴らしい友達。
2007年から2016年まで、9年間ずっと友達。

https://tonstartssbandht.bandcamp.com/

GongGongGong_photo

【工工工(Gong Gong Gong)】

工工工(Gong Gong Gong)はリズム重視のギターとベースのブギー・ユニット。
The Offset: SpectaclesのTom Ng、Joshua Frankの兄弟ポスト・パンク・デュオ、Hot & Coldの2人によって2013年に北京で結成。両方のバンドとも10年間、北京のアンダーグラウンドシーンで活動している。

工工工は、打楽器の反復技法を使い”phantom rhythms”を引き出し、ロックンロール、ストーリーテラーフォーク、ブルースの根本を覆しオリジナルとしてインストルメンタル・ミュージックを確立。指引きギターがスネアとシンバルの振動とシンクロし、本来の轟音に弱音器をつけたようにして作り上げたベース・メロディ。

細部にまでこだわって組み立てられ、同時に制限されない生々しさも醸し出す工工工の音楽は、Bo Didley、ミニマルサウンド、西アフリカ東南アジアまで網羅した多国籍サイケデリック・ブルースからインスピレーションを受けている。

また、TomとJoshuaは中国で初めてのアナログ・レコード・レーベル〈Rose Mansion Analog〉のメンバーであり、Silver Apples(アメリカ)、Dirty Beaches(カナダ/台湾/アメリカ)、Tonstartssbandht(アメリカ)、Forests(台湾)とコラボレーションしている。Night People(アメリカ)、Genjing Records(中国)、Moniker Records(アメリカ)、Maybe Mars(中国)などのレーベルの音源をリリースしている。

https://gonggonggong.bandcamp.com/releases