Best Tracks of 2014

Jun Hayashi

年間ベスト・トラック企画も最後になりました。2014年最後に新たな名曲に出逢うきっかけになれたら幸いです!

1週間に渡って更新を続けてきた年間ベスト・トラック企画もいよいよ最後。

こうして振り返ってみると今年はファンク&ディスコ要素がある楽曲にどっぷりと浸かった年でした。ちなみに、クラブ・ミュージックに特化した音源配信サイトwasabeatさんの方にも、SpincoasterからHosaka氏&Hiromi氏と共に(wasabeatにある楽曲縛りで)年間ベスト・トラックの方を掲載しておりますので是非チェックしてみて下さい。DJ/ライターが選ぶ2014年ベスト&2015年の注目アーティスト/レーベルまとめ 高岡謙太郎,Mike Sunda,Spincoaster編


【No.5】Lucky Tapes / Peace and Magic

この楽曲を聴いて一目惚れし、その後すぐに行われた彼らの初ライブに足を運び、その会場でSpincoaster主催のSPIN.DISCOVERYのブッキングの交渉をしたほどに心動かされた楽曲です。今後も彼らの成長を追っていきたいです。


【No.4】A-Minor / Someone You Love

Hypemachineという海外で人気の音楽メディアにSpincoasterが登録されたことで、いち早く海外のトラックメーカーやアーティストからプロモーションメールと共に楽曲が届くようになったのですが、その中で最も衝撃を受けた楽曲です。デビューしてまだ間もないのでブレイク前に要チェックです!


【No.3】Reset! / I Need You (DiscoSocks Remix)

今年一番ヘビロテした曲はこの曲。紹介するタイミングを逃しSpincoasterでは紹介できていませんでしたが、ベースのリフからキャッチーなメロディーまで全てが自分好みでした。自信を持っておすすめしたい楽曲。


【No.2】Shura / Indecision

今年の後半から徐々に頭角を現してきて今最もライブを観たいアーティストのShura。Indecisionのメランコリックなサウンドに心躍ります。


【No.1】Chromeo – Jealous (I Ain’t With It)

SXSW2014で生ライブを観てきたのですが、人生のベストアクトと思えるほどの圧倒的なパフォーマンスと会場の熱気で、こういうライブに出逢うために音楽を聴いているんだと再認識しました。この楽曲は今年発売されたアルバムWHITE WOMENに収録された新曲。同アルバムに収録のOver Your Shoulder、Come Alive(feat. Toro y Moi)もおすすめ!


他にも今年は、Shiggy Jr. / Dance floorAlex Metric & Oliver / GalaxyTHE LIGHT ASSEMBLY / JoannaSaint Pepsi / Fiona CoyneAllure / What I Got (feat Erin Marshall)give me wallets – Looking For The Special feat. Seira Kariya綿めぐみ / モンキージョージFickle Friends / SwimTycho / MontanaTei Shi / BassicallyYumi Zouma / Alenaあたりにグッと来ました。


今年はSpincoasterにとって本当に飛躍の年でした。
Twitterが公認アカウントになり、本腰を入れていく為にSpincoasterを法人化したかと思えば、デジタル時代の新型ミュージックフェスティバルのThe Big Paradeにお声がかかり登壇。12組の新鋭アーティストをブッキングしたライブイベントSPIN.DISCOVERYの主催も行いました。WEBページのほうもPCとスマホのリニューアルを行い使いやすいページにすることができました。2015年も早速1月から新たな企画をスタートする予定なので是非引き続きよろしくお願いします!

Rinjun

Curator & Founder

Rinjun

Spincoasterの創設者。【影響を受けたアーティスト】Lush / Gui Boratto / Kula Shaker