Best Tracks of 2013 / Ryotaro Ohkawa
2013年の振り返りにでも大掃除のBGMにでもどうぞごチェック下さい。

マイペースでキュレーターをやらせていただいているRyotaroです。
いよいよもうすぐ年明けな慌ただしい年の瀬をみなさんいかがお過ごしでしょうか。
僭越ながら僕もBest Tracks of 2013を選曲させて頂きます。テーマを設けたりしようかと思いましたが、素直に今年の私生活の中で再生回数が多かった曲をご紹介させて頂きます。
有名どころばかりになってしまいましたけれど、2013年の振り返りにでも大掃除のBGMにでもどうぞごチェック下さい。


【No.5】Riva Starr, Rssll / Nobody’s Fool

“今や世界的なトッププロデューサー/DJになった…”、”Fatboy Slimに「クレイジーでセクシーでクール」と言わしめた…”との枕詞が付くまでになったRiva Starrの2ndアルバム『Hand in Hand』の収録曲。
大ヒットとなった「I Was Drunk」の様なバルカンビートは健在。『Hand in Hand』はキャッチーな曲が多くて、気持ちを上げたいときに本当によく聴きました。
私事でどうでもいいと思いますが、僕は今年からジムに通いランニングするようになりました。その時に『Hand in Hand』、特にこの曲「Nobody’s Fool」を毎回聴いています。この曲はわかりやすくて聴き飽きそうだけれど、それでも聴く度にランニングの速度があがってしまう、くらいに気持ちを上げてくれます。ちょっとこれから夜な夜な街に繰り出そうかな…って時もいいかもしれません。笑。
いつかFatboy SlimのBig Beach Fes.よろしく大きな野外ビーチステージでRiva Starrを見れたらなあ、という思いも込めてランクインです。

「Nobody’s Fool」のDLはこちら


【No.4】Disclousure / White Noise

ベタですけれどDisclousureです。
彼らのデビューアルバム『Settle』は2013年に1番聴いたアルバムです。本当に月並みな感想だけれど、かっこよすぎて驚きました。
今回の”Best Tracks of 2013″の企画でも、『Settle』の収録曲からやっぱり何か1曲選びたいなと思い色々と悩んだところ…
「Latch」もやっぱり好きですけど、「Latch」は2012年にシングルでリリースされているので除外。「You & Me」か「White Noise」と悩んだところ…1番聴いたのは「White Noise」かな、曲名も好きですし。ということでこちらを選択。
“Just noise, white noise…”と日常にもweb上にもつまらないノイズばかりだなあ、と頭の中でこのフレーズがよくリピートされていました。笑。曲中ではノイズの対象が違う意ですが。
本当に月並みな感想でしつこいですが、かっこいい、の一言です。
Spincoasterでも以前にHosakaくんがDisclosure / You & Me (Flume Remix)を紹介していますので、こちらもかっこいいのでよければごチェックを◎

「White Noise」のDLはこちら


【No.3】Is Tropical / Dancing Anymore

この曲は以前にSpincoasterで紹介させて頂きました。
フランスの名門レーベルKITSUNÉに所属するロンドンの3人組 Is Tropicalの2ndアルバム『I’m Leaving』の収録曲。エレクトロが多いKITSUNÉの中でも抜群なメロディセンスを誇る彼らです。
「Dancing Anymore」はアルバムのアートワークのイメージそのままにカラフルでロマンティックなエレクトロポップな曲。
MVでは青年が白昼夢の中でバーチャルでセクシーなお姉さんとxxxしています。それが彼らの青臭さい人間味を表しているのか、曲を聴いていて胸がキュンキュンします。笑。KITSUNÉの中でもTwo Door Cinema Clubと比較されることが多い彼らですが、パンク要素が多い彼らのほうが個人的には好みかも。来年以降も期待です。

「Dancing Anymore」のDLはこちら


【No.2】Vampire Weekend / Hannah Hunt

Vampire Weekendの3rdアルバム『Modern Vampires of the City』の収録曲。
もはやVampire Weekendのことも2013年のベストアルバムに多く推されている『Modern Vampires of the City』のことも説明不要でそこは他のメディアにお任せさせてください。
彼らのアルバムは全ていいけれど、個人的には『Modern Vampires of the City』が1番好きで、そして2013年のベストアルバム1位です。
今年のフジロックで彼らを見たけれど、日の沈んだグリーンステージが本当によく似合っていました。「Hannah Hunt」は確か演奏してないけど。。
『Modern Vampires of the City』の中でも、特に「Hannah Hunt」は音が厳選して構成されていて、シンプルだけれどもエレガントで、そしてポップな名曲だと思います。
そんな彼らは東京同じく都会のニュー・ヨークのバンドであるという思いも相まってか今年は良く聴きました。特に寝る前に。安らかに眠れます。。
「Hannah Hunt」は私的2013年の寝る前に聴いた曲No.1、ということでランクイン。

「Hannah Hunt」のDLはこちら


【No.1】 The Strokes / Fast Animals


この曲はStrokesの5thアルバム『Comedown Machine』の日本版のボーナストラック、またはEP『All the Time』のB面のトラック。
やっぱり1stアルバムと比較される事が多いStrokesだけれど、『Comedown Machine』も間違いなく傑作。彼らのポテンシャルの高さを新めて感じました。ヴォーカルのJulian Casablancasの80’s New Waveへの趣向が4thアルバムよりもさらにStrokesにハマって、「One Way Trigger」なんかとてもかっこいいです。
そして「Fast Animals」は『Comedown Machine』収録の「Slow Animals」のdemo音源?では終わりませんでした。
ズバ抜けてここがいい!ってところは無いけれど、アップテンポが焦燥感を駆り立てつつも淡々と頭の中で鳴り続き、シンプルでいながらも気持ちを沸々とさせてくれます。朝起きて会社に向かうときも仕事中も寝る前もずっと聴いていて、私的再生回数で2013年No.1。
ということで「Fast Animals」をBest Tracks of 2013のNo.1に選ばさせて頂きました。


5曲は本当に悩みました…5曲を選ぶまでの痕跡は僕のSongdropのプレイリストで少し聴く事ができますのでこちらもどうぞ。

Spincoasterが立ち上がって間もないですが、素敵なキュレーターが多く集まり盛り上がってきたように感じます。
私的にも”心が震えるような音楽との出逢いを”というコンセプトをもとに来年もSpincoasterを盛り上げ、良い楽曲と音楽ファンを繋ぐサービスを提供していけたらと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。