YONA YONA WEEKENDERS

So Much Fun

YONA YONA WEEKENDERS / So Much Fun
ツマミになるグッド・ミュージックを奏でる4人組がMusic Bar Sessionに登場! 2nd EPよりグルーヴィーかつメロウな1曲を披露

TOKYO SOUNDSのMusic Bar Sessionシリーズの最新作として、YONA YONA WEEKENDERによる「So Much Fun」のパフォーマンス映像が公開された。

YONA YONA WEEKENDERSは磯野くん(Vo.)、キイチ(Gt.)、シンゴ(Ba.)、小原“Beatsoldier”壮史(Dr.)から成る4人組バンド。それぞれメロコアや青春パンク、スカ・パンクなどのバンドに所属していたメンバーが集まり、2016年に結成した。これまでのパンク/メロコアから音楽性を一転し、シティ・ポップをベースとしており、自らの音楽性を“ツマミになるグッド・ミュージック”と称している。(2020年4月より“ツマミいらず”から“ツマミになる”に変更した模様)

今回披露してくれた「So Much Fun」は、今年6月にリリースした2nd EP『街を泳いで』からの1曲。EPは“ある日の休日”をコンセプトに制作しており、本曲ではまだまだ遊び足りない夜について歌っている。ゆったりとしたグルーヴとボーカル・磯野くんの優しい声が非常に心地よく、夜風に当たりながら何度も聴きたくなる、そんな楽曲に仕上がっている。

また、今回のセッションにもレーベル・メイトの西恵利香がコーラスとして参加。彼女によるパフォーマンス映像も公開されているので、こちらも合わせてチェックを。

Text by Nojima

YONA YONA WEEKENDERS オフィシャルサイト


【TOKYO SOUNDSとは】

“表現者を繋ぎ、新たな価値を届ける”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かした、以下の3つの機能を有している。

=======================================

①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、Instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/

=======================================

■TOKYO SOUNDS:オフィシャル・サイト / Twitter / Instagram

※撮影の様子など貴重な映像はインスタ・ストーリーで公開

TOKYO SOUNDS

TOKYO SOUNDS

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。https://tokyosounds.com/